TOMIX DD51 米子機関区 ステップ交換

先日に導入したTOMIX 2246 DD51 1000形ディーゼル機関車(米子運転所)をいじります。


窓のHゴムやボンネットの分割部が黒色の仕様です。


模型を見ていて、直線状になっているステップが気になりました。
おそらく変形ステップが正解だと思います。


付属しているナンバーは1104 1119 1121 1134ですが、1104は左右で形が違う変態車で、あとの3つは
写真の1192と同じステップのようです。


ばらしてみました。
ステップは台枠にモールドされているようで、これを何とかします。


TOMIXの2251 DD51 北斗星色の台枠を調達しました。
こちらのステップは目的の形をしています。


ランボード部をねずみ色に塗装します。
マスキングは凸凹が多いので、かなり面倒です。


サイドの白線を消さないように気をつけて見えがかり部を塗装すれば、あとは適当です。


組み立ててみました。
ステップの側面を白色に塗れば雰囲気が出るのかも知れませんが、今日はやめました。


全体写真です。
エアタンク上のランボードのねずみ色と色を合わせたつもりでしたが、組み立ててみると色味が合っていなかったので、エアタンク上のランボードも同じねずみ色に塗り直しています。
(Mr.COLOR №333 エクストラダークシーグレイが近似色のようです。)
製造時期の早い500番台でも、ステップが交換された機体が多かったので、台枠の部品さえ手に入れば、同じように施工してみても面白いかも知れません。
では。<(_)>