KATO キシ80 キロ80 (初期形) 入線

KATOのキハ82系(初期形)のキシ80とキロ80が、ASSYパーツで届きました。
ひゃっけん堂さんでの購入です。
(単品で設定されてるキハ82-900 キハ80 (初期形)については後日に記事を書きます。)

 
ボディ、床下、台車で1両分です。

 
キシ80です。
以下、それぞれの写真の上が初期形のキシ80-901で、下が比較用のキシ80-34です。
窓の配置が違います。床下は同じようです。給油口・給水口の位置が少し違います。


クーラ等の配置が異なります。

 
屋根のアップです。
キシ80-901には、ラジオアンテナや箱形ベンチレーターがありません。
よく見ると、排気口?の位置も違います。


室内の配置が異なりますが、シートの色はほぼ同じです。

 
キロ80になります。
以下、それぞれの写真の上が初期形のキロ80-4で、下が比較用のキロ80-56です。
こちらは窓の配置は同じですが、給油口・給水口の位置が左右側面で反対になります。

 
屋根と室内です。
屋根は車端の造形が異なります。室内はシート色の違いだけです。


キシ80-901とキロ80-4は、それぞれ晩年は向日町と和歌山にいたようで、向日町だと「まつかぜ」、和歌山だと「くろしお」での運用でしょうか。
通常のキシ80やキロ80と入れ替えると変化が付いて面白いです。
それでは。<(_)>

関連記事:「KATO キハ82-900 キハ80 (初期形) 入線」

小さな虹、見つけた。

小さな虹を見つけました。


虹と言っても地面に投影されたものですが。


どうやら自転車の反射板を透過した光のようです。
いつも心は虹色に。(^^)
では。<(_)>

KingSpec P3-512のフリーズ対策

---------(削除しました。)---------

(2018/09/12)
各種の対策が功を奏しなかったので、記事を削除しました。
電源を落として何時間か空けて起動すると決まって1分ほどフリーズを起こします。しかし、その後は安定して動作をします。デバイスの温度に依存しているのでしょうか?
結局、いろいろ試しても改善されないので、Crucial CT500MX500SSD1/JPに買い換えました。(^^;

参考記事:Crucial CT500MX500SSD1/JP 導入

TOMIX 225系 KATOカプラー化他整備

今回はTOMIX 92421 JR 225 0系近郊電車 基本セットBの先頭車のKATOカプラー化を行い、他にも少し整備をします。

 
各写真の左側がKATO製で右側がTOMIX製です。
この2セットで、実車ではなかなかレアな225系だけの12両編成を再現したいと思います。
ちなみに、KATO車は10-871 225系0番台8両セットが発売されていますが、4両セットは発売されていませんので、KATO車で225系だけの12両編成は組成できません。そこで、4両編成が発売されているTOMIX車を導入しましたが、TOMIX車の先頭部はTNカプラーなので、そのままではKATO車と連結できません。
また、すでに当社で保有するKATO製の221系,223系とも連結させたいので、TOMIX車の先頭部をKATOカプラーに交換することにします。 

 
各写真の左がKATO車、右がTOMIX車です。
KATO車については近畿車輛製をモデルにしており、車両間の妻面にリブがありませんが、TOMIX車(基本セットB)は川崎重工業製をモデルにしており、妻面にリブがあります。
現在のところ実車の225系0番台の4両編成はすべて川崎重工業製なので、KATO車の近畿車輛製8両編成の組み替えではこれを再現できず、4両編成はTOMIX車(基本セットB)の一択となります。


KATOカプラー化にはグリーンマックス 8111 カプラーアダプター、KATO 4785-1C3 クモハ383前面用カプラーセット、Z04-5860 クモハ224/225 スカートを使います。


TOMIX車の先頭のカプラー部分を分解します。
元のカプラーとスカートは使いませんので保管しておきます。

 
カプラーアダプターを加工します。1枚目の写真が加工前で、2枚目の写真が加工後です。
まず、ボディーとの干渉を解消するためにカプラーアダプター前面を凸型に薄刃ニッパーでカットします。
次に、カプラーアダプターの取付部の内側を床板側の幅に合わせて削り、外側をKATO製のスカートの幅に合わせて削ります。


ASSYパーツのスカートも加工します。丸印の引っ掛けをカットします。

 
加工したカプラーアダプターとカプラーセットを組み立て、元のTNカプラーと同様に床板に装着します。スカートはカプラーアダプターの上に接着剤で固定しますが、ボディーとスカートの隙間を調整しながら行います。


続いて台車の整備に移りますが、KATO製の動力車付き8両編成との協調運転を考えて、4両編成の動力台車からトラクションタイヤ付き車輪をトラクションタイヤなし車輪に交換します。
4本の車輪のうち2本がトラクションタイヤ付きです。

 
台車を分解してトラクションタイヤ付き車輪をトラクションタイヤなし車輪に交換します。
交換するための車輪は分売パーツのPW-100から調達します。(1箱にトラクションタイヤなし車輪が2本入っています。)


4本ともトラクションタイヤなし車輪になりました。


カプラーの話に戻りますが、元のアーノルドカプラーをボディーマウントTNカプラーに交換して車間を詰めます。(カプラーポケットの切除が必要になります。)
TNカプラーは「0337 連形TNカプラー SP グレー 6個入」を使いました。
写真の下が交換前で、上が交換後の車間です。


先頭車同士を連結してみた写真です。
左がKATO製で、右がカプラーを交換したTOMIX製です。
KATOカプラーの仕様のために先頭車同士の車間がどうしても開いてしまいますが、221系や223系との連結が可能になるメリットとのトレードオフですね。


次に、何となく気になるクーラーをいじります。
225系の4両編成には三菱製が設置されていますが、模型は東芝製ですのでこれを交換します。
写真はTOMIX製の車両のクーラーを外したところです。

 
ASSYパーツの「Z04-4518 クモハ320クーラーWAU708」を使います。
取り付けには色々と試行錯誤をしましたが、クーラーの裏のダボを削って屋根に接着する方法が一番お手軽でした。
屋根にダボ穴を開ける方法は、正確な位置出しが難しく、屋根を貫通したクーラーのダボがボディーの屋根裏に当たるので、結局のところダボを削る必要があります。

 
交換前後の写真です。結構違います。
厳密には床下機器の形状も僅かに異なるようですが、殆どわからないので無視します。

 
TOMIX製の悪いところで、側面の方向幕等が名無しの権兵衛さんになっており、何とかします。
ジオマトリックス・デザイナーズ・インクのJ8901「223系/225系 -ベータ番-」シールから「新快速」を使います。

 
J8217K「西日本 汎用側面表示 山陽線・赤穂線・宇野線・伯備線・山陰線・四国」シールからは「播州赤穂」を使います。


貼り付けるとこんな感じです。
シールの天地寸法を切り詰めないと上手く収まりませんでした。
走行中は行先表示が消灯しているなんてことは知らないことにします。(^^;


当然ですが、前面も製品に付属する播州赤穂行きの方向幕に交換しておきました。


あとはクモハ224にアンテナを取り付けます。
唯一の後付けパーツで穴開けが必要です。


おまけですが、型想いとプラリペアでKATO製車両の車端部の床下機器を複製して、調色が面倒だったのでMr.COLOR C317 つや消し グレー FS36231をそのまま使って塗装したものを接着しました。


最後に転写シートで車番等を入れます。
収録内容は、
車番×各3
 モハ224-2 モハ225-501 モハ224-3 モハ224-4 モハ225-302
 クモハ225-2 モハ224-5 モハ224-6 モハ225-503 モハ224-7 モハ224-8 モハ225-304 クモハ224-2
 クモハ225-3 モハ224-9 モハ224-10 モハ225-505 モハ224-11 モハ224-12 モハ225-306 クモハ224-3
 クモハ225-9 モハ224-28 モハ225-14 クモハ224-9
 クモハ225-12 モハ224-33 モハ225-17 クモハ224-12
 クモハ225-15 モハ224-38 モハ225-20 クモハ224-15
弱冷房×8 PS×8 車椅子マーク×8 ベビーカーマーク×8
です。
4両編成はクモハ225-9,12,15以下の番号になりますが、どれも福知山線用にすぐに転属・改番された編成なので、当初は文字を拾い集めて現在進行形で網干総合車両所にて運用されている編成にするつもりでした。しかし、拾い集めの作業が無理ゲー並みに困難を極めたため、あきらめて収録されている「クモハ225-15 モハ224-38 モハ225-20 クモハ224-15」にしました。このため、車番的に2011年頃限定の編成になってしまったので、ベビーカーマークは転写しませんでした。
ということで、整備はこれで終わりです。
では。<(_)>

アブラゼミの幼虫

昨日、2週間ぶりにセミの幼虫を保護してきました。


クマゼミと違ってつやつやで小振りなナマズです。

 
2時間ほどじっとしていましたが、やっと出てきました。

 
逆さ吊りから腹筋をしてカラに掴まるまでがクライマックスです。

 
羽が綺麗に伸びてきました。
ここまで来るともう安心です。観察を中断して就寝します。


今朝の姿です。
少し小さめのアブラゼミの女の子でした。
写真を撮ったあと、外に放してあげました。
ではでは。<(_)>
2018年8月9日 | カテゴリー : 自然, 昆虫 | 投稿者 : 管理人

火星大接近 ’18

この夏、火星が地球に大接近中です。
といっても約6,000万キロということですが・・・。
(約2年2ヶ月毎に接近するとのこと。)


地球から見て太陽の反対側と考えれば方角はわかりやすいですが、角度はやや低めです。
-2等級ということで、かなり明るく見えます。色は期待通り?赤っぽいです。
天体望遠鏡が欲しくなりました。
それでは。<(_)>
2018年8月3日 | カテゴリー : 自然, 気候 | 投稿者 : 管理人

KATO ヨ6000 入線

夏休みでネタ切れ?なので、春に発売されたヨ6000を今更ですが引っ張り出してきました。

 
車番はヨ6522で、所属表記は南ツソです。
付属品はダミーカプラーと室内灯拡散板です。
室内灯ユニットには11-213 LED(電球色)が指定されています。

 
KATOさんお得意のN+スケールではなく、ファインスケールの機関車や貨車と並べても大丈夫そうです。
ベンチレーターが一体表現なのは残念なところですが、これは競合するTOMIX製でも同じなので仕方のないところです。しかし、KATO製は黒色車輪であることに加え、床下の集電板が見えないので足回りが美しいという優れた点があります。


屋根にはリブが表現されています。


妻側の白線は元の石炭ストーブから石油ストーブに改修された目印だそうです。


転がりが良いので、レールを少し傾けるだけで勢いよく走り出し、撮影時には気を遣いました。
それでは今回はここまでです。<(_)>