TOMIX キハ143(室蘭本線) 入線

一連の流れの中で、TOMIX 92195 JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セットが入線しました。
(って何の流れ?)


2両編成セットです。
キハ143 100番代とキハ143 150番代の組み合わせですが、トイレの有無で番代が区分され、後者がトイレ付きの車両になっています。
元々は非電化の札沼線で運用されていましたが、電化時にワンマン対応の改造を施した上で千歳線・室蘭本線に転用されました。
なお、種車は客車のオハフ51だったそうです。魔改造が好きなどこかの鉄道会社もやりそうなやっていた改造ですね。


冷房が付いています。


付属品の一覧です。

 
転写シートです。

 
各写真の上が100番代で、下が150番代です。
100番代がT車で、150番代がM車ですが、床下は共用となっています。


同じく屋根です。違いが分かりません。

 
運転台側はTNカプラーでしたが、反対側は台車マウントアーノルドカプラーです。
俯瞰してみると連結面の間隔が広く感じます。TNカプラーに交換した方が良さそうです。
実のところ、模型を見るまではキハ143が片運転台車であることに気がつきませんでした。(乗車したこともあるのですが・・・。)


Wikiによると札幌~東室蘭・室蘭間にキハ143系での1往復の運用が組まれているそうです。
確かに時刻表には2726D(札幌6:20発東室蘭行)と2843D(室蘭20:10発札幌行)の記載がありますが、これのことなんでしょうか。札幌駅の発着は早朝・深夜の時間帯になっていますが、いったい何両編成で走っているのか興味が湧きます。(追記 2019/8/31に2843Dの実車を確認しました。2両編成でした。)
今では2両1組の編成になっていますが、近いうちにキサハ144を組み込んだ札沼線時代の編成が発売されそうな予感がします。
では。<(_)>