大晦日の京都駅とどん兵衛 鴨だしそば

新年を迎えるに当たって、何故か京都駅に来ています。


1651M 普通 城陽行 16:36発 205系 近ナラNE409編成です。
0番台を狙っていたのですが、なかなか縁に恵まれません。


649M 普通 奈良行 16:49発 221系 近ナラNA417編成です。
4両編成です。


2633M みやこ路快速 奈良行 17:03発 221系 近ナラNC606編成です。
こちらは6両編成です。転落防止幌のない前面が美しいです。


61D 特急スーパーはくと 倉吉行 16:56発 HOT7000系です。
鳥取に3時間で連れて行ってくれる凄い特急です。
今日は年末年始で増結されており、
倉吉 ←1号車 HOT7013 HOT7033? HOT7034 HOT7045 HOT7056 HOT7003
の6両編成でした。増2号車は2号車と3号車の間です。(普段は5両編成です。)

 
そんなこんなで年越しのどん兵衛です。
紅白ではMISIAさんがウサギになっています。なんで?
トリは福山さんの「桜坂」です。良いっすね。
蕎麦をすすりながら来年が平和な年であることを祈りつつ。
それでは。<(_)>

KATO 飯田線 クモハ52(1次車) 入線

KATO クモハ52(1次車)が昨日に入線しました。

 
4両セットのケースに入っています。


付属品はジャンパ栓とジャンパケーブルです。


連結器はフックなしのタイプです。


側面に全て狭幅窓が並ぶ、整った編成です。


クモハ52001は脱線事故に遭った後の姿のようで、パンタグラフ等の違いが再現されています。
上がクモハ52001のPS13で、下がクモハ52002のPS11です。


公式ホームページに依ると、尾灯の位置も作り分けられているとのこと。
左がクモハ52001で、右がクモハ52002です。クモハ52001の方が寄り目のような気がします。

 
KATOのクモハ52は、前照灯と尾灯が点灯します。これは素晴らしいです。
鉄コレとの違いをまざまざと見せつけるポイントです。


中々の一品のように思われますが、早々とKATOさんから2次車の発売が発表されました。
それもまた買ってしまいそうです。(^^;
では。<(_)>

キハ185 京都鉄道博物館展示返却回送

京都鉄道博物館の展示終了に伴う、キハ185の返却回送がありました。
緑色帯のステンレスボディーを向日町駅で見ることができました。


写真はこんなですが、機関車(EF65-1124)もキハ185もピカピカでした。
時間とお金の関係で今回は見送りましたが、鉄博で見たかったです。
では。<(_)>

TOTO ウォシュレット 脱臭カートリッジ交換

TOTO ウォシュレットの脱臭カートリッジを交換します。
脱臭能力が落ちたようには思いませんが、そろそろ交換しとこうかなと・・・。


このウォシュレットは導入から10年になります。
安全使用期間が10年とありますが、まだまだ使う予定です。


説明書にはカートリッジの品番がTCA83-9と指定されていましたが、ネットで住設資材店の在庫を探すと、流通しているのはTCA83-9Rばかりでした。
なんとなくそのまま使えそうだったので、少し悩みながらネットで購入しました。
単価は1,200円位ですが、これだけ買うと送料を取られますので、別の部材と買い合わせました。

 
届いたカートリッジはこんな感じです。

 
さて交換ですが、ウォシュレットに向かって右側奥を覗くとそれらしき蓋があります。
溝にドライバーを入れてこじ開けます。


蓋が外れました。


指でつまんで引き出します。


左が今引き出したカートリッジです。
右が新品のカートリッジです。
厚みが違いますが、そのまま使えるようです。

 
脱臭カートリッジをしっかりと奥まで押し込み、蓋を閉めて完了です。
これであと10年は安泰でしょうか。
では。<(_)>

TOMIX キハ185 アラウンド・ザ・九州 整備5

前回、中途半端なところでやめたTOMIXの98454 JR キハ185系特急ディーゼルカー(アラウンド・ザ・九州)セットの整備の続きです。アラウンド・ザ・九州セットについては、今回で最後にします。

 
前回のボディーと、調達していた下回りを組み合わせてレタリングします。
トップナンバーのキハ185-1にします。


ネットの写真や動画では増結時に頻繁に登場するキハ185-1です。
博多方にするか別府方するかを迷いましたが、保有車両の別府方が手薄なので幌付きにしました。
これで一連のキハ185 アラウンド・ザ・九州の整備は終わりです。
それでは。<(_)>

TOMIX キハ185 アラウンド・ザ・九州 整備4

地味に、TOMIXの98454 JR キハ185系特急ディーゼルカー(アラウンド・ザ・九州)セットをいじっています。


もう1セットのゆふ編成は、キハ185-0のバラの車外スピーカー付きボディー組を買ってきて、最近のキハ185-7に仕立てましたので、車外スピーカーなしボディーと電話室有り窓ガラスが組み合わさった変なボディー組が手元に残りました。
で、もう1両キハ185-0を作ってみようと画策します。
丸印の黒窓を透明窓に直します。

 
窓ガラスパーツには黒色が裏表に印刷されていますが、黒く塗りつぶされた部分を薄め液で落とすために、裏側の黒色を残したい部分にマスキングテープを貼ります。


出来上がりです。
黒い塗りつぶしを薄め液を浸したティッシュで擦りましたが、すっと落ちないので地道に擦りました。
そのうちマスキングテープが痛んでくるので、何回かマスキングをし直しながら擦っています。


組み付けると車外スピーカーなし、電話室なしのキハ185-0のボディー組ができました。
サッカーの観戦疲れで今日はここまでです。
では。<(_)>