TOMIX キハ82-96 整備

お金がないと言いつつも、結局のところTOMIXのくろしお98313増結セットBを買ってしまったですのが、このセットにはスリットタイフォンのキハ82の初期車が入っています。スリットタイフォンについては後期車も存在したようで、ウェブの車番がわかる写真(記事)でキハ82-96だけが特定できました。キハ82-96は、ちょうど向日町の配属で私の守備範囲でもあり、せっかくのくろしおセットですが、バラして作ってみようと思い立ちました。

 
基本セットのキハ82と並べてみました。右がスリットタイフォン車ですが、言われないとわからないです。一方、屋根は後期車と初期車との違いがわかりやすいです。というか、模型的には屋根とタイフォンの差しかありません。
目当てのキハ82-96は屋根が後期車なので、この2両の屋根を入れ替えてみます。

 
早速、分解します。
ライトユニットを外す前にヘッドマークをリリースしておきます。
分解は比較的簡単です。


2両とも分解できたら、屋根を交換します。
組み立てについては、ライトユニットの取り付けが難しいです。1度やればコツがわかるのですが、初めてだと壊しそうでなかなか取り付けられなかったです。(浅い角度でテールライトレンズをテールライトの穴に差し込み、ライトユニットの下部を押さえながら、前に押します。)


できあがりです。
キハ82-96のほかに、シャッタータイフォンの初期車もできました。くろしおに入れるならキハ82-3か8なのですが、ウェブに画像が落ちていないですね。
ところで、TOMIXのキハ82系はDT31A(TR68)をはいているみたいですが、キハ82-96は製造時期から考えるとDT31B(TR68A)だと思うので、引き続き、これを再現してみます。

 
台車枠はジャンクなフラノエクスプレス(TOMIX)より調達しました。
昔の製品なので、さすがに旧集電・銀車輪です。
ハイグレード仕様に合わせるために、黒い集電バネはキハ82-96の台車のものをそのまま使うとして、旧集電の黒染め車輪を購入しました。


フラノエクスプレスとキハ82(ハイグレード)の台車の比較です。
上がフラノエクスプレス、下がキハ82の台車になります。
大きくはブレーキシリンダーの位置が違いますが、言われないと気づかない範囲ですね。


フラノエクスプレスの台車枠に、黒い車輪と集電バネを組み込んで、キハ82-96用の台車(DT31B(TR68A))の調達ができました。


黒染め車輪化した台車を取り付けると、キハ82-96の本当のできあがりです。
ヘッドマークは何にしようか思案中です。
なお、恐ろしく転がりの悪い車両になってしまいましたが、今後の新集電台車の発売に期待したいと思います。
それでは。<(_)>

TOMIX KTR8000 丹後の海 整備

TOMIX 98017 KTR8000(丹後の海)セットの整備を行います。
整備と言っても信号煙管を取り付けるだけになります。

 
昨年発売の最新ロットですが、曰く付きのC39AHロットです。

 
このロットの発売当初は、エラーでねずみ色の信号煙管が入っていたようですが、最近購入した製品では既に販売店で差し替えられているようで、正しい青色の信号煙管が入っていました。


早速、取り付けます。


見にくいですが、取り付け後の写真です。
けどこれで終わりではありません。


取り付け穴が大きいのかひっくり返しただけで信号煙管が落ちてしまうので、運転台パーツを外して裏から木工用ボンドで固定します。


できあがりです。
丹後の海は深い青色の車体がなかなか渋いです。
それでは。<(_)>

TOMIX KTR8000 丹後の海 T車化

TOMIX 98017 KTR8000(丹後の海)セット(2両セット)のT車化を行います。
T車化といっても旧塗装の増結セットと床板を入れ替えるだけですが・・・。


旧塗装のセットにはT車だけの増結セットが用意されていましたが、丹後の海セットには増結セットがありませんので、写真のような6両編成にすると動力車が3両となり、パワーパックの容量が心配になってきます。


それでは、旧塗装の増結セット(92160)を用意します。


まず、動力車の奇数車です。
動力ユニット(床板)を入れ替えます。


次に偶数車です。
ライトユニットを丹後の海から旧塗装に移設します。


これで出来上がりです。
これで6両編成において動力車が2両とできます。(それでもちょっと多いですが。)
それでは。<(_)>

マイクロエース 201系 更新車 大阪環状線 整備2

先週の続きです。
ジャンクなA-2591 マイクロエース 201系 体質改善工事施工車・オレンジ 8両セットを整備しています。
今週は屋根の塗装からです。


丸1日かけて調色をして、エアブラシで塗装します。


パンタグラフと避雷器,クーラーを取り付けて一段落です。


行き先が「高尾」になっていたので、「大阪環状線」に貼り直します。
シールは同梱されていたのでこれを使いましたが、マイクロエースのシールは脆くて貼りにくいです。


できあがりました。
カメラを通して見るとモハ201だけ屋根が暗い感じですが、見た目にはそうでもありません。
残念ながら?購入時点でマイクロエースお得意の吊革が付いていませんでしたが、あったらあったで五月蠅く感じるのでまぁいいでしょう。
走行関係は快調なので今回はいじりません。
というか、マイクロエース製品はできる限り分解したくありません・・・。(^^;
それでは。<(_)>

マイクロエース 201系 更新車 大阪環状線 整備1

ジャンクなA-2591 マイクロエース 201系 体質改善工事施工車・オレンジ 8両セットを仕入れてきましたので、整備を行いたいと思います。


ケースはオレンジで、スリーブはベージュです。少し前の製品のようです。

 
俯瞰するとパンタグラフ回りが変な感じです。
なぜかシングルアームパンタです。1両に避雷器が2つあるし・・・。
加えて避雷器回りは接着剤がはみ出しています。これはひどい。(^^;


仕方が無いのでパンタグラフと避雷器をトミックス製に交換します。
パンタグラフの台座は何故かトミックスやカトーのPS16と脚の幅が合わないのでザックリと削りました。


避雷器は写真のものを選びましたが、種類が合っているかわかりません。
また、ダボが太いのでデザインナイフで削って取り付けます。


パンタグラフはシューを0262、台を0289から部分取りをして使います。

 
パンタグラフを1枚目の写真のように分解してそれぞれを合体させると2枚目の写真のようになります。要は2本ホーンタイプにしたかっただけなんですが・・・。

 
台座は富士川車輌工業所のパーツが欲しかったのですが店頭在庫が無く、手元にあったボナ製を使いました。
ボナ製の台座はエッチングの平板なので、0.1mmのプラペーパーを片側に貼り付けて屋根のカーブに合わせます。

 
台座を取り付けた写真とパンタグラフと避雷器を取り付けた写真です。
後は塗装です。最初は屋根を1編成丸ごと調色なしで塗装しようと思ったのですが、ボディーと屋根が一体成形なのでマスキングが面倒そうです。マスキングが甘くてボディーを痛めてしまうと元も子もありませんし・・・。ということで、屋根の色を調色して2両分の塗装で済ますことにします。
とりあえず、今日はここまでです。<(_)>

マイクロエース 721系 カプラー交換

以前から在籍している A0865 721系3000番台 半室uシート6両セット のカプラーを交換します。

 
uシートが半室でパンタグラフが下枠交差形です。
模型化の対象となる年代は2000年の終わりから2003年頃でしょうか。結構、短期間ですね。

 
カプラー交換といっても3両+3両の先頭車突き合わせ部分だけです。
マイクロエースお得意の伸縮タイプのアーノルドカプラーが付いていますが、これをKATOの新型カプラー(フック無しタイプ)に取り替えます。
カプラーを取り外す際には、スカートがカプラーと床板の両方に噛んでいますので、無理な力がかからないように慎重にカプラーのダボを外していきます。


取り替えるカプラーセットは写真のものを選びましたが、店頭在庫があったからと言う理由だけのなので、これでなければダメと言うことではないです。

 
今回のカプラーセットは首が短いタイプだったので、先日使った首が長いタイプに取り替えます。


カプラーセット上部の爪は邪魔なのでカットして、平滑にしておきます。

 
加工したカプラーセットを両面テープで貼り付けますが、カプラーセットはスカートのダボとダボの間に納めます。また、両面テープを何枚か重ねて厚みを出すことで、床板の段差を躱します。今回は両面テープを8枚重ねました。


カプラーセットを貼り付けるとこのようになります。
強度が不足するようならネジ止めも有りかもしれません。

 
できた!と思ったのですが、両面テープが柔らかく連結時にカプラーが後退してしまい、うまく連結ができませんでした。KATOの731系やキハ201系の編成に準じて片幌仕様にすると何とか連結できるので、幌を1つ外しました。(カプラーセットを削り込んだりすれば何とかなるかもしれませんが、面倒なのでやめました。)


連結面はこのような感じになり、完成です。


けど、やりたかった本命は731系との併結です。

 
模型の731系はパンタグラフ交換後の姿ですので、実際にはこのような編成はなかったと思いますが、気にしないことにします。(^^;
それでは。<(_)>

KATO 731系 キハ201系 カプラー交換

KATO 10-498 731系 3両セットと10-499 キハ201系 3両セットのカプラーを交換します。


元のカプラーはフック付きのKATOカプラーです。写真はキハ201系ですが、731系も同様です。

 
フックのない新型のカプラーに交換します。
運転台下と中間連結部では使うカプラーの種類が異なります。
それぞれの写真の左が運転台下に、右が中間連結部に使います。


ところで、このカプラーに変更すると車両に元から付属するカプラーカバーが使えなくなりますが、それはまた別の機会に考えることにします。


バネを飛ばして悪戦苦闘するものの、作業全体は難しくないのですが、カプラーベースから胴受けを外すのにコツが分からず苦労をしました。胴受けを外すには、写真のようにカプラーの後ろから大きめのマイナスの精密ドライバーを突っ込んでひねると簡単に外れます。
ちなみに運転台下のカプラーの胴受けは、新型のカプラーに同梱されている胴受けと形状が異なりますので、元から車両に取り付けられている胴受けを再使用しています。

 
交換後の写真です。フックがなくなりスッキリしました。
しかし、中間連結部は見えない部分なので、自己満足以外の何物でもないような・・・。
また、元々のカプラーは濃いグレー色でしたが、黒色になって引き締まった感じがします。


先頭車同士の突き合わせもバッチリです。
併結時はともかく、解結時に車両をレールから浮かす必要がありません。♪
こうなるとマイクロエースの721系も何とかしたいと思うのですが面倒そうです。
それでは。<(_)>

TOMIX カニ24-500 床板交換他

TOMIX カニ24-500の床板を交換してみました。

 
92756 JR 24系25形寝台客車(北斗星・JR東日本仕様II)セットに収録されているカニ24-500です。
ボディーを外すと、車内にはシートパーツすら入っていませんでした。

 
床板の刻印は2588で、TNカプラーには非対応です。


交換には分売パーツの6243を使います。

 
分売パーツに種車の台車とライトユニットを移してできあがりです。
シートパーツにモールドされている発電機が窓から少し見えるようになります。

 
床板の刻印は8519で、TNカプラーに対応となりました。


順序が前後しますが、ライトユニットのLED化も行いました。
元々は電球です。


白色LEDのカソード側に1kΩの抵抗器をはんだ付けします。大抵はLEDの短い方のリード線がカソード側です。
抵抗器は1/6Wタイプです。これより大きいとスペースがきついです。


電球を外して、LEDと抵抗器のセットをはんだ付けします。
ライトケースに収めたときに当たりが出ますので、抵抗器の右側のはんだ付けの大きさに注意します。
また、LED自体を写真よりもう少し前(写真の上方向)に寄せた方が良かったです。


点灯状態と極性を確認して出来上がりです。


これで現行仕様に近くなりました。
では。<(_)>

MicroAce 急行「まりも」セット 機関車変更

MicroAce A-8527 急行「まりも」7両セット(ベストリニューアル)の 機関車の車番を変更します。
この前、TOMIXのDD51に1140番を設定しましたが、こちらのセットの機関車も1140番なので変更することにします。ナンバープレートはTOMIXのDD51に付属しているものを使いました。

 
いきなりですがボディーを外した写真です。

 
ちなみにツメの位置は写真の通りです。キャブ,エンジンカバーの順に動力ユニットから外します。


ナンバープレートを外した時点の写真です。
ナンバープレートは裏からダボを針状のもので押してやると外れます。
これをTOMIXのナンバープレートと取り替えるのですが、ダボ穴を0.6-0.7mmのキリで広げ、少量の木工用ボンドでプレートを止めました。

 
プレートは交換前後で同じくらいの大きさなのですが、元々が枠に比べて少し小さめだったので、交換後も多少の隙間を感じます。しかし、虫眼鏡ででも拡大しない限りは許容範囲だと思います。

 
番号は1148号機にしました。私が最後に乗車した急行「はまなす」を牽いていた機関車です。
印刷された区名札が空知運転所なのですが、経歴上も問題はないようです。
このセットはヘッドマークの大きさがエラーのようなので自作して取り付けています。
それでは。<(_)>

TOMIX DD51(JR北海道色) 入線・整備

単品販売のTOMIX 2215 JR DD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)の整備です。
といっても、主な作業は列車無線アンテナの取り付けになります。

 
列車無線アンテナを取り付けるには、説明書通りにキャブと屋根を外します。
キャブは左右に交互に傾けて、屋根はキャブの中からツメを外します。

 
キャブと屋根の黄色い丸の部分をデザインナイフ等で削ります。


ちなみにアンテナとホイッスルは2ランナー入っており、予備はたくさんあります。

 
削った後の写真です。
基本的にデザインナイフで地道に削ります。(屋根は小径のドリルで下穴を開けて平刃で押し切りましたが、屋根の表面が欠けてしまいましたので、押し切りは避けた方が良いようです。)
切削面はどうしても白くなるため、屋根については目立ちすぎるのでマッキーの黒色を塗りましたが、できればきちんと青色を塗った方が見栄えが良いと思います。


組み立てるとできあがりです。
なお、無線アンテナのベロの厚みで屋根が浮いてしまったので、削って薄くしています。


ホイッスル、ナンバープレート、メーカーズプレート(製造者銘板)を取り付けてできあがりです。
各パーツは少量の木工用ボンドで固定しました。
ホイッスルはカバー有りとカバー無しが付属していますが、カバー有りを取り付けました。北海道の機体でカバー無しのホイッスルはあったのでしょうか。
ナンバープレートは1068、1083、1100、1148が付属しています。説明書によると1068、1083号機が三菱製で、1100、1148号機が日立製だそうです。
写真の機体は1083号機にしました。手持ちにあと2機あるのですが、1100号機はさよならセットと被り、1148号機は屋根のベンチレーターの位置が異なるので1068号機しか使えないようです。ということで、残り1機はさよならセットのナンバーから選ぶことになりそうです。
それでは。<(_)>