MicroAce 急行「はまなす」 整備1

今回はマイクロエースのA-5944 急行「はまなす」を整備します。
売り払おうと思いましたが、塗装のテカリとかが結構目に付き、思いとどまりました。

 
急行「はまなす」セットです。ベストリニューアル品です。
写真では寝台車の車内にハシゴが見えますが、オリジナルの状態では付いていません。
ハシゴは今回の整備で取り付けたもので、写真の時系列が逆転しています。

 
構成は写真の通りの寝台車2両+座席車5両の7両編成です。
シールには「はまなす」の他に「海峡」「まりも」が収録されています。


7両編成は手頃ですが少し寂しいので、増21号車を組み込みます。
増21号車というのは繁忙期に1号車と2号車の寝台車の間に連結されていた増結寝台車のことです。
基本編成と寝台車に使用された車両にはいくつかの組み合わせがあったようですが、今回はTOMIXのオハネ25-0を調達しました。


マイクロエース車に合わせてドア上の凹みに白色の細切りシールで色入れをします。
マイクロエース車ともども「B寝台」のインレタをと思ったのですが、幅が細過ぎて無理でした。

 
これもマイクロエース車に合わせた細工ですが、方向幕と便所・洗面台窓の裏から白色のシールを貼って白く色入れをしています。
方向幕には文字を入れても良かったのですが、札幌行きにしようか青森行きにしようか、はたまた快速海峡にしようか迷ってしまい、結局のところ後日に整備することにしました。
号車札はマイクロエース車に合わせて「増21」と標記したステッカーを貼り(実車は「増21号車」?)、車番インレタをオハネ25-15としています。
はまなすに使用されたオハネ25は11と15だけだったのか、車番インレタもこの2種類しか手に入りませんでした。なお、オハネ25-11はKATO車と被るので避けました。


寝台のハシゴですが、写真のようにTOMIX車にはありますが、マイクロエース車にはないので取り付けることにします。
ハシゴの表情を合わせるために、もとのハシゴを外して別のものに取り替えます。


今回はパーミル製のハシゴを使いました。レーザーカットした紙で作られているようで、ハシゴの横の引き出し用の取っ手まで再現されている細やかなものです。

 
取り付けはハシゴの取扱説明書を盛大に無視して行っていきます。
まず、上段の寝台の上にベース板を渡してハシゴを接着していきます。
ベース板はプラ板でも良かったのですが、今回は3Dプリンターで印刷しました。
ハシゴは木工用ボンドで仮止めをして瞬間接着剤で固定します。
ハシゴはベース板にぶら下がる形になり、下部は固定しません。


ベース板に接着したハシゴを銀色で塗装します。
銀色にも色々ありますが、今回は在庫が余剰になっていたMr.カラーの普通の銀色で塗りました。
ただ、思った以上にハシゴの強度がないので、筆塗りやペン塗だと造形が崩れます。エアブラシや缶スプレーを使用する方が無難です。
また、先にハシゴを塗装してからベース板に貼り付ける方法もありますが、ハシゴへの塗料の食いつきがそれほど強くない場合は、ハシゴの塗装面をベース板に接着してもハシゴから塗料が剥がれてハシゴが脱落したりします。ベース板を使わない別の方法としてハシゴを窓に貼り付ける方法もありますが、同じ理由でダメでした。
さらにマイクロエース車は窓ガラスがボディーに接着してあるので、その状態での窓ガラス上のハシゴの細かな位置合わせは、作業性が悪すぎてお話になりません。

 
塗装が終わったハシゴを接着したベース板を寝台に固定します。今回は両面テープを使いました。
マイクロ車の寝台の色は情報がないのでそのままにしています。 
最後にボディをかぶせて完成です。
これで客車が8両編成になりました。次回は再繁忙期の12両編成を目指して整備します。
それでは。<(_)>

キハ283系 スーパーおおぞら 入線・整備

楽天のポチでキハ283系の旧製品の基本セット+増結セット(計10両)がタイムセールで安くなっていたので購入してしまいました。


キハ281(基本)+キハ283(増結)のマイクロエース製品を保有しているので今までスルーしていたのですが、今年の3月のダイヤ改正で定期運用がなくなるということで編成モノが欲しくなり・・・と言う流れです。

 
実車は11両まで連結できるそうで、今回の10両編成にグリーン車をもう1両入れて11両編成にしてみようと思い立ちました。 旧製品ではグリーン車はキロ282-6ですが、最近の製品ではキロ282-5になっています。最近の製品で新たに表現された屋根上のプロテクターもキロ282にはなく、ボディーがほぼそのまま増結車両として使えそうですので、車番を違えるために総本山で新ボディーと旧床下(シートの色を旧製品に揃えるためです。)を購入して組み立てました。
ただ、新旧のボディーを比べるとグリーン車マークの色味がかなり違います。


ということでトレジャータウンのグリーン車標記インレタ(TTL071-01)を貼り重ねます。


重ね貼りができました。
貼り重ねるに至って四つ葉マークの大きさには問題はなく、「Green Car」の文字は車両に印刷された文字が薄くかすれた感じになっているので、そのまま上からインレタを転写してしまっても大丈夫な感じです。

 
屋根の電話アンテナについては、最近の製品では撤去跡の塞ぎ板があるのですが、電話アンテナよりも小さいので、そのままポンチを打ってピンバイスで1mmの穴を開けてしまうと塞ぎ板が消滅します。


そしてこの穴に電話アンテナを差し込んで、念のために裏から木工用ボンドで固定してあげると旧製品の屋根と同等になります。


また、最近の製品は側面窓のピラーの色が黒色ですが、これを銀色に変えます。
今回はジャンク品の窓ガラスを使ったのですが、お金をかけないならば2両とも車内側からペーパー掛けで色を落として銀色に塗り直す方が良いかもしれません。


側面の号車表示は増結するグリーン車を「増3号車」にしたかったので、ちょうど収録されていたジオマトリックス・デザイナーズ・インクのキハ283系用の行先表示シール(J8513)を使います。

 
ケースに収めて終わりです。
動力車については2Mにしたのですが、元々の動力車が最初期ロットの低速ギア比になっており、増結セットを組み込んだ10両編成すらまともに走らないと言う噂だったので、「ジャンクで標準ギア比の旧動力車を購入⇒元々の動力車をASSYパーツで標準ギア比に変更⇒2両の動力車が同じ速度で走ってくれるかと思ったら全然速度が違うので呆然⇒ロット差なのかモーターの出力特性が異なることが判明⇒総本山で動力ユニットを2つ購入⇒やっと2両の動力車の速度が同じに」という経緯をたどって現在に至っています。ちなみにギアは車体側のウォームギアと台車側の車輪までのすべてのギアがセットで低速と標準で異なりますので、ギア比をいじりたい場合は動力車のすべてのギアを一斉に交換する必要があります。また、シートの色も新旧でエンジ色とクリーム色の違いがありますので、載せ替えが必要です。
なお、脱線癖のある製品との情報もありますが、現在のところ2M(基本1M+増結1M)でも脱線はなく大丈夫そうで、いざとなったら増結セットの方のM車の車輪をトラクションゴムなしに変更してみようと思っています。
それでは。<(_)>

鉄道コレ 京都市営地下鉄10系 Nゲージ化 2

鉄コレにNゲージ化パーツを取り付けるのはそれほど難しくはないのですが、避けて通ることができないものにホロ問題があります。

 
定番のグリーンマックスのホロを取り付けてみましたが高さが足りません。


それで3Dプリンターで自作してみました。
成形色は現在の実車の調査に基づいて黒色にしていますが、40年前の色まではわかりませんでした。

 
試作品が上手くいったので大量生産を行いました。


1編成6両に10個のホロが必要です。


 
注意しなければいけないことは、鉄コレのT車はスナップピン留めの台車なのでボルスター部分の遊びが大きく、車両間隔が一定しません。
なので、ホロの厚みに関しては、一番狭い車両間隔の時に対応できる薄さにしておく必要があります。


これにて鉄道コレクション 京都市営地下鉄10系のNゲージ車両化が完了しました。
では。<(_)>

鉄道コレ 京都市営地下鉄10系 Nゲージ化 1

先週から激しくお腹を壊してトイレから離れられずにトイレ警備員状態になっています。
ともあれ手先は動かせるので、鉄道コレクションの京都市営地下鉄10系のライト類の点灯化から先に進んで、Nゲージ化に着手してみたいと思います。

 
基本的に指定されているパーツを取り付けるだけなのですが、このモデルについては走行用パーツセットのTT-04Rをそのまま取り付けてみたところ、車両同士の間隔が狭すぎる状態になりました。動力ユニットのTM-14でも同じ感じでした。
なおかつ何を血迷って表現したのか、渡り板の出っ張りも邪魔で仕方がないですし。


ふと思いついてKATOカプラーにも交換してみましたが、全然ダメですね。
首の長さが足りません。

 
仕方ないのでカプラースペーサー(黄色枠内)を使ってカプラポケットを車端側に突き出します。
ちなみに今回のN化とは関係がないですのが、動力車には写真のスペーサー(黄色枠内)を嵌めて、将来のTNカプラー化に備えておきます。(多分しませんが。)


カプラースペーサーとKATOカプラーのコンビで構成してみました。
良い具合の感覚になりました。謎の渡り板も上手く躱せています。
残りはホロの取り付けです。
結論から言うとホロは3Dプリンターで自作することにしたのですが、現在のところ別件で絶賛稼働中であり後回しになっています。
それでは。<(_)>

鉄道コレ 京都市営地下鉄10系 ライト類点灯化 3

「鉄道コレクション 京都市営地下鉄10系」のライト類の点灯化の3話目です。
のんびりと進めています。

 
残る足回りにはTT-04Rと集電システムのキットを使います。
ちなみに、今回のライト類の点灯化には直接のところ関係はないですが、Nゲージ車両として走行させるのには中間車に動力ユニットTM-14を組み込みます。


台車の加工も集電システムの説明書通りです。
が、ピンバイスを使っていて手にまめができてしまいました。


下回りができました。
車体ほどは難しくはありません。


上下を合体させると完成です。
懐かしい「京都駅」行きができました。
実はもう1セット保有していて、そちらは通常販売品の「急行奈良」行きです。
幕を替えて販売されているだけなので車番が同じなのが玉に瑕ですが、鉄コレに贅沢な望みを言っても無駄ですね。(その割には販売価格が結構なお値段なのですが。)
それでは。<(_)>

鉄道コレ 京都市営地下鉄10系 ライト類点灯化 2

「鉄道コレクション 京都市営地下鉄10系」のライト類の点灯化の続きです。

 
基本的に説明書の通りに作業をします。
前面ガラスを外す際に乗務員室の側面ガラスの爪を抉りますが、側面ガラスの爪は折ってしまっても結局は切除するので気にしないで大丈夫です。折るにしても側面ガラス本体にひびが入らないように気をつけます。
前面ガラスが外れたら上中下と3分割して遮光のための塗装をしますが、これが面倒です。


説明書と異なるのは、屋根部分に遮光テープを追加する点です。
さすがに屋根から光が漏れるは格好が悪いですので。

 
試験点灯の様子です。
2枚目の写真で、幕の明かりが前照灯に回り込んでいます。
実際は写真ほど酷くないのですが、幕と前照灯のパーツが一体モノなので、どうしてもこうなります。
これを避けるには、幕と前照灯のパーツを切り離して遮光し直すしかないようですが、面倒なので今回はこのままにしておきました。
今日はここまでです。次は下回りです。
では。<(_)>

鉄道コレ 京都市営地下鉄10系 ライト類点灯化 1

準備だけしてサボっていた「鉄道コレクション 京都市営地下鉄10系」のライト類の点灯化ですが、やっとですが取りかかりました。


ノーマルバージョン(一般流通品)の10系です。
幕が「急行 奈良」です。

 
こちらは京都市交通局の地下鉄の日(5月29日)の通販限定バージョンです。
(数量限定商品でしたが余裕を持って注文できました。)
こちらの幕は「京都」です。
先のノーマルバージョンと車番は同じで幕だけが異なります。


点灯化にはイズムワークスさんのキットを使います。
今回は室内灯を取り付けませんので、集電キットは2両分です。


気をつけなければいけないのは、イズムワークスさんのホームページでそのまま注文すると通過標識灯が点灯するライトユニットが送られてきます。
ですので、通販限定の「京都」幕の車両用が欲しい場合は注文画面の備考欄に「通過標識灯なし」と記入しなければいけません。
写真は「通過標識灯なし」の点灯化キットです。


今日はここまでです。
なんだかんだ言って作業すらしていませんね。いつ終わるんでしょう。(^^;
では。<(_)>

マイクロエース 50系5000番代 快速海峡 台車交換

記事の流れとしては先週の記事(TOMIX 50系 快速海峡 発売予告)の続きになります。
オハ51-5003とオハ51-5004(カーペットカー)をKATOのTR217の台車に交換しました。
台車の製品番号は記録に残っていなくて不明です。


随分前に行った作業のため途中の写真が無く、こんな感じになりました的な写真だけです。
左が台車を交換した車両で、その加工状況です。
左右の車両を見比べると、台車交換に合わせて車高を調整するために床板側を削り込んで、ボルスター代わりの白い中空プラ棒を突っ込んでいるのがわかると思います。


台車にはTOMIX製の集電スプリングを差し込む穴を開けています。
車高を合わせるのに床板側に出っ張った集電板が邪魔になるときは、集電板の頭を少し削ります。
台車の首振りが渋くなりますので、気になる場合は集電スプリングを少し短めにカットします。
室内灯を取り付けるつもりがないならば、無駄な加工と言われるとそれまでなのですが。
では。<(_)>

TOMIX モハ164 800 部品取り

TOMIX 2975 モハ164 800をストックの山から引っ張り出してきました。


J.R.と銘打たれています。製品のどこかがそういう時代設定になっているのでしょうか。
あと橙色の塗装から緑色が透けて見えているような感じで、見るからに古そうな感じです。


何でこれを出してきたかというと、先日の167系セットのM車をT車にできないかと思ったからです。
写真の上がモハ164で、下が新しいモハ166です。以降の写真も同様です。
写真で見る以上に色味が全然違いますので、混結は無理でしょう。

 
屋根は同じかなと思って見ていましたが、避雷器が違いました。


床板は双方とも刻印が2961で同じでした。
しかしモハ164は旧集電の銀車輪で、しかも集電板や集電スプリングも付属していません。
カプラーも線ばねタイプのTNカプラーでした。
新しいだけあって、モハ166のTNカプラーは空気管やステップが表現されています。


上がモハ164で、下が交換しようとしているモハ166の動力ユニットです。
シートの色が違っており、塗装するか脳内変換するかを迫られます。


めげずにモハ164の床板をモハ166のM車のボディーに取り付けました。
さすがにポン替えレベルで取り付けできます。
ただし、カプラーは元の動力ユニットから調達できますが、黒色車輪を別途に調達しなければならず、室内灯を入れるならば集電部品も必要です。
シートの色も折角の青色がクリーム色になってしまい、今回の試みは現実的ではないという結論になりました。
では。<(_)>

TOMIX 287系 M-13モーター 交換

早速ですがTOMIX 287系に対して、先日に入荷したM-13モーターへ交換しました。

 
今回モーターを交換したのは98987 287系 パンダくろしおです。


車両セットの説明書に添付されているパーツリストをみると、0623 M-9モーター(TYPE3)が指定されていますが、今回はこれを0617 M-13モーター(TYPE2)に交換します。

 
まず、動力ユニットのシートパーツを外します。
シートパーツはダイキャストに爪を引っかけた形で固定されています。
私は小さな精密ドライバーで優しく抉るようにシートパーツの爪を外しました。


動力伝達部を外してみました。
モーターのみの交換で簡単に何とかなりそうです。


M-13モーターです。1.5k円程する高級品です。
これに交換します。


取替作業自体は簡単で、モーターを入れ替えたら座席側に張り付いている絶縁シートの位置合わせに気を付けながら動力伝達部が実装されているダイキャストとシートパーツを組み合わせて完成です。

 
さて、結局のところモーターを交換してどうなったのかということですが、各モーターでの始動時の写真を撮りました。
1枚目の写真がモーターの交換前で、2枚目の写真が交換後です。
写真ではわかりづらいのですが、起動時のパワーユニットのダイヤルの位置には大差がありません。M-13モータに交換したほうが、旧モーターの時よりもダイヤルをわずかに少し右に回して電圧を上げる必要があるかなと言ったところですが、誤差の範囲だと思います。
それよりもM-13モータのほうが低速での動き出しがスムーズになったような気がします。
ちなみに今回は高速試験やトルク試験はしていませんが、TOMIXではM-13モータ搭載車と別のモーターの搭載車は併結ができないとアナウンスしているので、モータの各種特性は大幅に変更されているようです。
財布に余裕があればですが、そのあたりを気にしながら、既存の車両のモーター交換を行うのはありかもしれません。
それでは。<(_)>