KATO 阪急 6300系 標識灯点灯化

5年ぶりのKATO 阪急6300系のネタです。
この前は標識灯の点灯化の改造により破壊されたライトリムの再生を行いましたが、今度は内部のリード線とチップLEDの半田付けが甘くて標識灯と尾灯が点滅するようになってしまいました。(ほとんど走らせていないんですけど・・・。)
これをハンダ揚げで修繕しようと思ったのですが、他にもいろいろと不満点があったので、中古品のドナーを入手できたこともあり、ドナーの灯火系を使って点灯化の改造を行うことにしました。


元の状態を再現した写真です。
・ハンダ付けが甘く、内部配線の接触不良で標識灯と尾灯が点いたり点かなかったりする。
・前照灯はきれいな電球色だが、標識灯は黄緑色に見える。(写真よりも緑色っぽいです。)
・標識灯の導光材の先端が切りっぱなしのようで、ささくれている。
・ライトリムに修繕痕がある。(←以前の作業です。)
(標識灯を消灯させた写真の方がわかりやすかったですね。)
と、いくつか不満点があったので、今回はお金を払って作業を依頼するのではなく、自分の手で点灯化の改造を行うこととしました。(イズムワークスさんの点灯化キットを使いますが。)


中古で調達したドナーさんです。
残念ながら新マークのロットで、所有している車両と異なります。
よって、標識灯部分の銀色のパーツとライトユニットだけを提供してもらいます。

 
改造をすると言っても最初から細工をし始めると手間なので、ここは割り切ってイズムワークスさんの点灯化キットの標識灯と尾灯部分を拝借します。
後で写真が出てきますが、イズムワークスさんの導光材は先端に丸め処理をしてあり、これだけでも見栄えが格段に良くなります。


まずは、標識灯の加工から始めます。
ドナーからもらったパーツには標識灯の穴が開いていません。


ピンバイスで標識灯の穴を開けますが、その前にポンチを打ちます。
しかし、丸く盛り上がったモールドにポンチを打つことになるので、そのままでは滑って位置が定まりません。
なので、セロハンテープを貼って滑り止めにします。


ポンチを打った後は、キリでφ0.4mmから順にφ0.8mmまでズレを修正しながら穴を広げていきます。

 
元のライトレンズのサポートパーツを上下に切断して上の前照灯の部分だけを使います。
切断できたら標識灯のパーツ、サポートパーツ、前面ガラスを木工用ボンドで固定します。


点灯化キットのライト基板にも軽加工を施します。
このまま取り付けると導光材が外に突き出てしまうので、点灯化キットに付属している白いプラ棒で控えを取ります。
プラ棒の断面の長手方向を進行方向に向けてライト基板の導光材のある側に木工用ボンドで貼り付けました。

 
今回は作業終了後の手直しとして取り付けたのですが、この段階で光漏れ対策としてプラ棒と一緒にライトユニットの上側に長細いウレタンを貼り付けておくべきでした。
2枚目の写真は先ほどの写真との合成写真です。イメージとしてはこんな感じです。
実は気がついたのが最終の試験点灯時でライト基板を固定してしまっており、縫い針を使って隙間からウレタンをボディー(前面ガラス下)とライト基板の間に挿入しました。接着は出来ていませんが大丈夫なようです。

 
ドナーから提供してもらったライトユニットを加工します。
ライト基板を抜き出します。

 
ライト基板から電球を取り外して、ダイオードを1本だけ撤去し、穴を3カ所、パターンカットを1カ所の加工を行います。

 
新たに電球色LEDと1kΩの抵抗器を半田付けし、加工の終わったライト基板をライトケースに戻します。(ハンダブリッジも忘れないようにしておきますが、後で導電テープを貼るので、ちょこっとブリッジしてパターン面の平らな部分をなるべく残すようにします。)
基板をライトケースに取り付け、標識灯と尾灯のライト基板へ電源を供給するための導電テープをライトユニット脇に巻きます。


ライトユニットを床板に取り付けた写真です。こんな感じになりました。

 
ライト基板をボディーに取り付け、基板の左右の電極に5mm×24mmの導電テープを貼ります。
その後、側面ガラスパーツのツメ(2枚目の写真の丸印内)を覆うように導電テープを左右共に貼ります。当然、先に貼った導電テープと重なるように貼って、電気的に接続しておきます。
これでボディーと床板を組んだときに、ボディーのライト基板と床板のライトユニットが電気的に接続されるようになります。


ボディーと床板を組んで試験通電をしてみました。
気になっていた標識灯の色はきれいな電球色になっています。
その他の見た目もすべて改善され、これで長年気になっていた問題が解決しました。
当時はイズムワークスさんから点灯化キットが発売されていたのかは定かではないのですが、発売されていたなら最初から頼っておくべきでした。
それでは。<(_)>

KATO 285系 スノープロウ取付

KATOのASSYパーツ Z04-7633 クモハ313飯田線 スノープロウが発売されました。

 
1袋に6個入っています。


特段の理由はないのですが、お試しで285系 サンライズエクスプレスに取り付けます。
この模型の詳しい発売日やロットは不明です。(最新ロットではないです。)


先頭の台車を外します。

 
スノープロウをワンタッチで取り付けるだけのお手軽作業です。

 
1枚目の写真の手前の写真が取り付け後です。取り付け前のスカスカの空間が締まって見えます。
少しスノープロウの厚みが薄いようですが、勾配区間の始まりや終わりで台車が傾くとスノープロウがカプラーケースと接触するので、これくらいの厚みが限界なようです。
計算をしてみると0‰⇔40‰の勾配変化点で接触するようなので、レイアウトに緩和勾配を設けるか、カプラーケースを削り込んで解決できそうですが、緊急性がないので今回はそのままにしておきます。


視点を変えて前方から撮ってみましたがあまり代わり映えはしませんね。
やはり側面からの見た目に効果があるようです。
今回はこれで終わりです。
では。<(_)>

KATO 151系 入線

KATOの10-530 151系「こだま・つばめ」8両基本セットと10-531 151系「こだま・つばめ」4両増結セットが入線しました。再生産品だそうです。(知らなかったです。)

 
基本セットの付属品はヘッドマークと行先表示シールです。増結セットは行先表示シールのみです。
ヘッドマークは「つばめ」(ローマ字部灰色),「はと」,「富士」,「うずしお」です。
「こだま」は製品に取り付けられています。
行先表示シール1枚につき、
愛称サボ:「つばめ」,「はと」,「富士」,「うずしお」が各18コマです。
「こだま」は製品に印刷済みです。
行先表示サボ:「神戸-東京」,「東京-神戸」,「大阪-宇野」,「宇野-大阪」が各10コマです。
「大阪-東京」,「東京-大阪」は製品に印刷済みです。
説明書での編成の指定は、大阪・宇野←クロ151-5,モロ151-5,モロ150-5,サロ151-5,サシ151-5,モハシ150-5,モハ151-5,サハ150-17,サハ150-5,モハ150-5,モハ151-15,クハ151-5です。
モハ151-5がM車で、サロ151-5,サシ151-5,モハ150-5,モハ151-15→東京 が増結セットに収められています。


表記類はこのような感じです。
基本的に1等標記時代は守備範囲外なのですが、すっかり忘れていました。
グリーンマークに比べると地味に感じるのです。
本当なら181系に改番された「しおじ」「はと」がストライクです。


各車の車体長の違いも正しく表現されているようです。

 
連結器はフックつきの伸縮カプラーで、連結面の間隔も狭くなっています。


1号車は特徴的なパーラーカーです。
特殊な窓形状で、昔の車両としては思い切った設計だったのでしょう。


眺めていて気がついたのですが、バックミラーの鏡面に銀色が入っており、芸が細かいです。


欲を言えばベンチレーターが従前通りの屋根と同じで、一体成形なのが残念なところです。


最後に動力関係のASSYパーツです。
4648-1B モハ151-3 動力ユニットと、4648-2D1 動力台車DT23です。
流石に12両編成で1Mはきついかなと思って用意しました。
増結セットのモハ151-15に組み込む予定です。
それでは。<(_)>

TOMIX 急行貨物列車セット 入線

TOMIX 98735 国鉄急行貨物列車セットが入線しました。衝動買いです。
前回のD.C.フィーダーの不調で入線時のチェックが遅れてしまいました。

 
ワム60000は7両、ワム70000は2両,ヨ3500が1両で、全部で10両です。


付属品はヨ3500の床下機器のみです。
TOMIX製の車掌車については以前の記事に書いてあるので参考にどうそ。
(ヨ5000の記事です。←リンク先に飛びます。
模型はこんな感じです。

 
急行の文字が特別感を醸し出します。


車掌車は尾灯が点灯し、室内灯も標準装備です。

 
2軸貨車が10両ですが、全長はS280レール2本分くらいに意外と格好が付きます。
ウレタンにも14両分の空きがありますし、物足りなければ2枚目の写真のように車両を足していくことになりますが、どういうレイアウトで運転するかによって変えていく必要がありそうですね。
では。<(_)>

D.C.フィーダー 修繕

いつも使っているD.C.フィーダーが不調で、電線を揺すると車両が走ったり走らなかったり、ヘッドライトがほのかに点灯してスロー走行したりして・・・。
これはこれで宝くじみたいで面白いかな?とは思ったりしたのですが、走らせたいときに走らないのはやはり不便なので修理することにしました。

 
外観には裏表とも異状が見られません。


裏蓋を開けると電線と金属部分が半田付け部でちぎれていました。(上側の電線です。)


とりあえず半田付けでくっつけます。
そのまま半田付けするとプラスチックの筐体が溶けてしまうので、金属部分を筐体から外した上で半田付けを行って元に戻しています。


再発防止にスカスカの電線の導入部分をホットボンドで固めました。
これで電線に張力がかかっても半田付け部にはストレスがかかりません。
このフィーダーはTOMYTECの製品ですが、おもちゃ屋さんとしては恥ずかしい設計ですね。
なお、作業中にネジを紛失したのは内緒です。(銀色のネジになっています。)
それでは。<(_)>

マイクロエース 京阪800系 入線

マイクロエース A-8361 京阪800系 旧塗装・旧マーク 4両セットが入線しました。
2019年12月の発売ですが、店頭在庫をちらほら見かけます。
京津線はニッチ過ぎて人気がないのでしょうか。まだまだメジャーな方だと思うのですが。

 
蓋を開けたときの第一印象は「小っさ!」でした。


付属品はシールと(たぶん)予備の車幅灯です。
シールの行き先は、浜大津,太秦天神川,京都市役所前,四宮です。
あと、優先座席ステッカーと思われるコマ(12コマ)もあります。

 
京阪800系はマイクロエースから数種類が発売されていますが、前面のKマークと側面の旧社紋(わかりづらいですが)にこだわってこちらを購入しました。

 
ほかの車両と比べると小ささが際立ちます。
2枚目の写真では比較車両と足下を合わせなかったのでわかりづらいですが、低床・低屋根構造になっています。

 
車幅灯は前面のみの点灯で側面はダミーのようで点灯しません。
M車の中央部の車幅灯に至っては透明パーツではなくプラモールドにオレンジ塗装となっています。
写真中の前面で点灯していないライトは標識灯のようで、尾灯と共用です。
通常の運用時は非点灯ですが、回送列車では片側(向かって右側)の標識灯が点灯している画像がネットの検索で引っかかります。これを再現するのは大変そうですね。


ちなみに先頭車前面の車幅灯にはスイッチがあり、消灯することができます。

 
4両編成でもS280のレール1.6本くらいの全長です。
車両間の間隔もアーノルドカプラーにしては狭い感じです。


京津線は浜大津駅手前の併用軌道区間が見所ですね。道路上を長編成が走る姿に、初めて見たときはちょっとびっくりしました。また、登山鉄道のような61‰の勾配も魅力です。
京都市営地下鉄にも乗り入れていて、何でもありな感じです。
写真が1枚も手元にないところが残念ですが、緊急事態宣言が解除されたら、近々にでも撮りに行きたいと思っています。
それでは。<(_)>

マイクロエース 205系1000番代 クーラー交換車 入線

発売日未定だったマイクロエースのA-2464 205系1000番代 クーラー交換車 4両セットが、突然に出荷されて入線しました。

 
少なくとも先月の中頃に出荷予定がマイクロエースのホームページに上がっていたので予告期間が全くなかったわけではないのですが、「発売日未定」からの出荷なので、もう少し早く「●月予定」とか言えないものかと思ってしまいます。
車番は、和歌山← クハ204-1003 モハ204-1003 モハ205-1003 クハ205-1003 です。
所属標記は大ヒネみたいです。(字が小さくて・・・。)


付属品はあっさりとシールのみです。
74A 天王寺,43A 鳳,72A 熊取,60A 日根野,47A 和泉砂川,73A 和歌山
が収録されています。


ベンチレーターがかろうじて残っている時代の姿ですね。

 
クーラーは交換されています。WAU75HからWAU709でしたっけ?

 
クハ205にはジャンパー栓受けが表現されていますが、取って付けた感が・・・。


パンタグラフの昇降は堅めで好印象です。
造形は・・・ですが。


標準のアーノルドカプラーでの連結間隔です。
まあ普通かな。


今回はクーラー交換車ということで、あわよくば現在の近ナラ車を期待していたのですが、発売予告ポスターをみると行先表示器に「天王寺」って書いてありますね。(写真と違う商品を出すときがあるのに・・・。)
改めて奈良線バージョンが発売されたら飛びついてしまうかもしれません。
価格については2両編成が実売で9千円近くしたりする昨今では安いのですが、それでもインフレ状態ですね。
では。<(_)>

KATO 381系 パノラマしなの 入線

KATO 10-1690 381系<パノラマしなの>(登場時仕様)6両基本セットと10-1691 381系<パノラマしなの>(登場時仕様)3両増結セットがやってきました。


いつものセット構成です。

 
基本セットの付属品は増結用カプラーと変換ドライバーとクロ381用の交換用ヘッドマーク「シュプールつがいけ」と「臨時」です。「しなの」」は車両に取り付け済みになっています。
増結セットはドライバー1本です。
あと、行き先シールは7両分で、基本セットと増結セットにそれぞれ1枚ずつ付属しています。


側面のオレンジ色の大きなJRマークが特徴です。
床下機器も黒色です。

 
先頭車同士を並べてみました。


こちらは増結用カプラーに交換した車両とそのままの車両です。
増結用カプラーのディティールはイマイチで、増解結をして遊ぶなら割り切りが必要です。
では。<(_)>

KATO 205系 幌枠取付

先日のKATO 10-415 205系(京阪神緩行線色)7両セットに幌枠を取り付けてみます。
古い模型のようで妻面はグリーンマックスと同じレベルの造形で、幌の表現がありません。


奥が201系で、手前が205系です。
205系の方が車両間隔が広い上に、幌がないので車両同士の間が余計に目立ちます。


もう入手困難品となっていいますが、F-MODELの幌枠を使います。


接着剤で取り付けるとこんな感じになります。
F-MODELの幌は厚めに作られているので、普通にグリーンマックスやTOMIXのパーツを使うよりも車両間隔の広さが目立たなくなります。


やはり幌が付くと引き締まりますというお話でした。
ちなみに先頭車の屋根はアンテナの位置の関係で10-447 205系(南武線色)セットの屋根と取り替えてあります。
それでは。<(_)>

KATO 205系 パンタグラフ交換

パンタグラフの話が続きますが、今回はKATO 10-415 205系(京阪神緩行線色)7両セットのパンタグラフを交換します。


こちらの方が201系よりも製品番号が若いですが妻面に幌がないので古いモデルのようです。


このパンタグラフを交換します。
最近発売されたTOMIX製品に倣って1本ホーンにします。

 
適当なKATOのASSYパーツが見つからなかったので、TOMIXのパンタグラフを使います。
分売パーツの0289 PS16Wです。TOMIX製205系のパンタグラフと同じパーツです。
パンタグラフごと交換すると、車体との取り付けダボが異なり、また脚のガイシの間隔も微妙に違っており、台座を移設する大工事になりそうでしたので、パンタグラフの上部だけを交換することにします。
2枚目の写真の元のパンタの上部分とTOMIXのパンタグラフのベース側は廃棄となります。

 
さすがにメーカーが異なると簡単には交換できず、多少の加工が必要です。
そのまま再利用するKATOのパンタグラフのベース側は1枚目の写真の丸印部の曲げ加工のために間隔が狭くなっており、このままパンタグラフの上部を取り付けると変形してしまうので、ペンチでつまむなどで伸ばして間隔を広げます。(広げすぎてもダメです。)

 
パンタグラフの上部についても上下の重なりの関係でうまくパンタグラフがうまく畳めなくなるので、足先部分(カギ状になった部分)を4カ所とも現物合わせで少しだけくの字に曲げます。
何となくコツがあるようで、あまり足先のすぐ傍を曲げない方がうまくいくようです。

 
加工した上下部分を組み合わせて無事に交換ができました。
それでは。<(_)>