TOMIX DD51 500 暖地型 整備

TOMIX 2245 国鉄DD51 500形ディーゼル機関車(暖地型)を整備します。
と言っても、車番を変更するだけですが。


付属している車番は関東方面ばかりで面白くないですから、関西方面のDD51-725にします。
ですが、DD51-725は前面は白ナンバーで、側面が赤ナンバーです。
白ナンバーは昔の製品から流用できるのですが、赤ナンバーは作るしかないです。


ナンバープレートのベースには、余っているDE10の赤ナンバーを流用します。


ナンバーを切れの良い彫刻刀でそぎ落として、600番→1500番でやすり掛けをしました。
その後、インレタの転写のためにキャブにはめ込んでみました。


インレタはくろま屋さんの製品を使います。
ここでやらかしていて、間違えて下二桁が50~99番の数字のインレタを買ってしまいました。
本来は00~49を買うべきでした。
またチマチマと数字を拾わなければいけません。


転写できました。
白ナンバープレートの文字間隔に合わせて、少しインレタの文字間隔をいじっています。


あとはスノープロウの撤去です。
九州仕様のDD51のスノウプローなしのカプラーホルダーを拝借してきて、交換します。


DD51-725の完成です。
これで亀岡や吹田(第一)機関区時代として遊べます。
では。<(_)>

KATO DD51 0 暖地形 入線・常点灯化

KATO 7008-K DD51 0 暖地形が入線しました。

 
いわゆる非重連形と呼ばれるタイプです。
前面の連結部がゴタゴタせず、すっきりしています。


キャブ下の分割線が一直線で、500番台の後期形とは異なります。


デフォルトでは装着されていませんが、スノウプロウは付属品に含まれています。
九州から米子機関区へ転属後の時代にするなら、装着したほうが「らしく」なるようです。


上から見た写真です。


常点灯化するためにボディーを外しました。
キャブ、ボンネットの順に上に持ち上げて外します。
TOMIXのDD51のときのようなボンネットの横スライドは不要です。


CT-WorksでLK-101という常点灯基板を買いました。


上がCT-WorksのLK-101で、下がKATOのオリジナル基板です。
買い間違えました・・・。(T_T)


買い替えるのはもったいないので、LEDを打ち替えます。
使うのは、先日にエルパラで購入した側面照光タイプのチップLEDです。


砲弾型LEDを外してチップLEDを基板の空きスペースにハンダ付けします。


LEDを打ち替えた基板を動力ユニットに装着しました。


無事に常点化が完了しました。


ちなみに本来はこちらのLK-003を使うのが正解です。(^^;
では。<(_)>