北海道ショートトリップ’19夏 1日目(2/2)

北海道ショートトリップ'19夏 1日目(2/2)です。
富良野駅から、7044D 特急富良野ラベンダー4号 札幌行きに乗ります。

 
ラベンダーエクスプレスの出発は16:51です。
函館本線の岩見沢のあたりでは運休が出ているみたいですが、定刻で出発するようです。
改札の時に駅員さんには「この先はどうなるかわかりませんけど。」と言われました。


クリスタルエクスプレスは4両編成です。
編成は、
 札幌 ← 4号車 キハ183-5101 キサロハ182-5101 キハ182-5101 キハ183-5102
です。
キサロハ182の個室はいつからか普通個室に変更されています。(今日は閉鎖されていました。)

 
3号車のラウンジです。'90年代のバブリーな雰囲気がします。
なお、売店のようなスペースは閉鎖されており、長らく使われていないようでした。

 
今日はこの列車の先頭車の4号車に乗ります。
昔は車両の先まで座席があったようですが、現在は踏切事故対策で先の方には行けなくなっています。
そういえば、各座席には液晶モニターが設置されていた記憶があるのですが、撤去されています。
さて、いよいよ出発です。

 
雨が強くなったり弱くなったりする中をほぼ定刻で走っていましたが、芦別駅を出た次の平岸駅の手前で何かと衝撃して急停車しました。
落石を巻き込んだような音だったのですが、鹿にぶつかったという放送がありました。
その後、前方の天井から階段が出てきて運転士さんが車外へ点検に出て行きました。
2枚目の写真の小さなモニターの後ろ側の出っ張りが運転席だったみたいです。

 
車両には損傷がなかったようで、そんなこんなで滝川駅には8分遅延の17:53に到着しました。
しかし、これから先の幌向~峰延間が止まっているとのことで、抑止がかかってしまいました。


駅の運休情報です。マーカーで印を付けられている列車が運休です。


東鹿越行きの快速狩勝です。14分遅れの17:59の出発です。
根室本線はどうにか動いています。

 
雨が止んで線路点検後の発車とのことでしたが、あと30分以上は動かないようです。
また、お隣には15:02発の札幌行きカムイ28号が停まっていますので、
順番から行けばカムイ28号の方が先に出発となります。


最後尾になる1号車側から撮ってみました。
やっぱり格好良いですね。Nゲージでの発売を待っています。


予想通りカムイ28号が発車して、こちらのラベンダーエクスプレスもまもなく出発しました。
発車は18:34で49分の遅延です。

 
途中、回復運転をがんばってくれたのですが、札幌駅手前でホームになかなか入られずに、結局49分の遅延のまま札幌駅に到着です。
その後、慌ただしく(途中、恵庭駅で駅スタンプを押してから)苫小牧駅に移動しました。


21:00過ぎですが、苫小牧駅の駅前には殆ど人がいません。
中核駅だと思うのですが、札幌駅との落差がひどいですね。


目当てのご当地入場券を購入した後、21:37発の2843D 札幌行き普通列車に乗りました。
札幌←キハ143-101 151の2両編成でした。

 
この2843Dは途中で2本の快速エアポートに抜かれますので、それを利用して駅スタンプやご当地入場券を集めてまわりました。
1枚目の写真は白石駅です。残念ながらこの駅では駅スタンプがなく空振りでした。
白石駅からは札幌駅に向かいましたが、札幌駅23:08着の予定のところ、特急列車の遅れの影響で9分延着になりました。
本日はこれでおしまいです。急いで宿に入って明日の朝に備えることにします。
北海道ショートトリップ'19夏 2日目(1/2)に続きます。
2019年8月31日 | カテゴリー : 外出, 旅行 | 投稿者 : 管理人

北海道ショートトリップ’19夏 1日目(1/2)

北海道ショートトリップ’19夏 1日目(1/2)です。


土日の割にはフライトチケットが安かったので美瑛駅に来ています。


富良野駅から来た9434 富良野・美瑛ノロッコ4号です。
折り返しの9435の5号に乗車します。

 
機関車は前回と同じDE15 1534でした。
今年度から1535号機が新デザインになったそうなので、そちらを期待していたのですが残念でした。

 
指定席は貸し切りでした。自由席もそこそこ余裕がありました。
だるまストーブはお休み中・・・。


美瑛駅を定刻の15:10に出発して、富良野駅に向かいます。
途中のラベンダー畑駅は営業していました。
このあたりから大雨と雷となります。
次の中富良野駅からは指定席に数人のお客さんが乗車してきました。

 
富良野駅に到着です。雨は降り止みません。
駅名標の向こうにはレッドベアーDF200-9がいました。
赤スカートが格好いいです。


雷雨の中、旭川に向かって出発した富良野・美瑛ノロッコ6号を見送ります。

 
新得方には9月に引退となるクリスタルエクスプレスが見えます。
この駅が始発の7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号になります。
これに乗って札幌に向かいます。
北海道ショートトリップ'19夏 1日目(2/2)に続きます。
2019年8月31日 | カテゴリー : 外出, 旅行 | 投稿者 : 管理人

TOMIX キハ143(室蘭本線) 入線

一連の流れの中で、TOMIX 92195 JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セットが入線しました。
(って何の流れ?)


2両編成セットです。
キハ143 100番代とキハ143 150番代の組み合わせですが、トイレの有無で番代が区分され、後者がトイレ付きの車両になっています。
元々は非電化の札沼線で運用されていましたが、電化時にワンマン対応の改造を施した上で千歳線・室蘭本線に転用されました。
なお、種車は客車のオハフ51だったそうです。魔改造が好きなどこかの鉄道会社もやりそうなやっていた改造ですね。


冷房が付いています。


付属品の一覧です。

 
転写シートです。

 
各写真の上が100番代で、下が150番代です。
100番代がT車で、150番代がM車ですが、床下は共用となっています。


同じく屋根です。違いが分かりません。

 
運転台側はTNカプラーでしたが、反対側は台車マウントアーノルドカプラーです。
俯瞰してみると連結面の間隔が広く感じます。TNカプラーに交換した方が良さそうです。
実のところ、模型を見るまではキハ143が片運転台車であることに気がつきませんでした。(乗車したこともあるのですが・・・。)


Wikiによると札幌~東室蘭・室蘭間にキハ143系での1往復の運用が組まれているそうです。
確かに時刻表には2726D(札幌6:20発東室蘭行)と2843D(室蘭20:10発札幌行)の記載がありますが、これのことなんでしょうか。札幌駅の発着は早朝・深夜の時間帯になっていますが、いったい何両編成で走っているのか興味が湧きます。(追記 2019/8/31に2843Dの実車を確認しました。2両編成でした。)
今は2両1組の現在の編成での販売になっていますが、近いうちにキサハ144を組み込んだ札沼線時代の編成が発売されそうな予感がします。
では。<(_)>

TOMIX シキ1000 積荷製作

TOMIXのシキ1000に載せる積み荷を作ってみました。


元々は剥き出しの変圧器が付属していますが、TOMIXの変電所キットの変圧器と同じに見えますので、流用品のようですね。
実車の写真では変圧器は運搬用のケースに収められている姿で運ばれているようなので、これを作ってみます。


試作品を印刷しました。
灰色のPLAを使って、積層ピッチ0.1mm,速度10mm/sで印刷しています。


組み立ててみました。と言っても瞬間接着剤でくっつけただけです。
プリンタの性能か、プリンターの組み立てに失敗しているのか、積層痕や鬆が目立ちます。印刷の設定をいじると改善されるかもしれませんが。
積層痕を消すのが面倒でほとんど処理をしていませんが、当然やった方が良いです。

 
軽く塗装をしてみました。
遠目に見るとらしく見えますが、積層痕が目立つので、現状では3Dプリンタに頼るよりもプラ板を切り出して箱組みした方が良い感じに仕上がりそうです。
とは言え、3Dプリンターの設定はもう少し研究してみます。
では。<(_)>

TOMIX シキ1000 ブレス取付

TOMIX 2773(2735) シキ1000 にブレスを取り付けてみます。


2773 シキ1000 です。最近の銀車輪ロットです。

 
実車では荷台の奥にブレス(×形の部材)が見えますが、模型では省略されています。

 
3Dプリンターで適当に印刷して、エナメル塗料のつや消しブラックのペンで塗装し、木工用ボンドで車両に貼り付けました。上部の横梁と下部の両端2点での接着になります。ちょっと手前過ぎる感じもしますが、奥の上部にある梁のモールドとの兼ね合いでこの位置になりました。
印刷した部品の厚みは0.8mmで、もう少し薄い方が実感的ですが、これ以上薄いと部品の強度がなくなって扱いにくいです。手間でなければ薄いプラ板を切り込んで作った方が良いかもしれませんが、今回は3両分を用意するのが面倒で、3Dプリンターを使いました。

 
こちらは、品番が2735のプラ車輪ロットです。箱の裏のロゴが懐かしい「TOMY」になっています。
車輪以外は現行ロットと形状に違いはないようなので、同様に作業を行いました。


写真は1両ですが、3両とも取り付けて終わりです。
次はそれらしい積荷でも作ってみたいです。
では。<(_)>

TOMIX 583系 きたぐに(旧塗装) 入線

TOMIX 97911 JR583系電車(きたぐに・JR西日本旧塗装)セット[限定品]が入線です。

 
製品化発表当初はなるべく無視していましたが、日を追うごとに毎日眺めていた思い出が・・・、ということで発売直後にポチッとな。(^^;
安売り店での在庫が見つからず、ちょっとお高めな購入となりました。
関西の車両なので生産数が絞られたのか、すでに市場在庫が枯渇気味なようです。

 
10両編成で、ブックケースは2分冊です。

 
ヘッドマークはもちろん「きたぐに」が装着済みです。
TOMIXのヘッドマークは枠の縁取りがないので、若干の実車との印象の差があります。
先頭車はクハネ581とクハネ583のセットです。


原形車と比べると非常口扉が埋められています。


パンタグラフはホーンタイプではありません。
モデル化された年代は1994年頃のようですが、これで合ってるのかな?


ヘッドマークは「シュプール 妙高・志賀」が同梱されています。
インレタは、
(大阪方 1号車)
 クハネ583-28    クハネ581-36
 モハネ582-89    モハネ582-88
 モハネ583-89    モハネ583-88
 モハネ582-66    モハネ582-70
 モハネ583-66    モハネ583-70
 サロ581-16      サロ581-25
 サロネ581-5     サロネ581-1
 モハネ582-102   モハネ582-101
 モハネ583-102   モハネ583-101
 クハネ581-33    クハネ583-27
(新潟方 10号車)
が収録されています。
1994年の電車編成表を見ると、順にB5,B6編成の車番になっています。


とりあえず、100均で買ったファイルケース(絶版品)に3Dプリンターで印刷した間仕切りを入れて、ウレタンを内貼りしたものにまとめて収納します。さりげなく12両に増殖していますが、気にしないでください。(^^;
整備は時間を見つけてボチボチとすすめたいと思います。
それでは。<(_)>