アブラゼミの幼虫2

羽化が始まってから4時間たって、日付が変わりました。

 
見た目は既に立派なアブラゼミですが、まだ飛ぶ気にはならないようです。
アップでよく見てみると細い触覚がありますね。
あと、2つの黒い目の間に∵状に並んだ3つの小さな目があります。Wikiによると光を感じる単眼とのこと。


朝になりました。
お腹を確認すると男の子でした。
早速、カラスがいないことを確認して解放してあげると、元気よく飛んで行きました。
それでは。<(_)>

アブラゼミの幼虫1

毎年恒例のナマズの保護活動です。
朝夕には頻繁にカラスが狙いに来ています。
今日はアブラゼミの幼虫を保護ました。アブラゼミは今シーズンで2匹目です。
今に始まった傾向ではないですが、クマゼミは一杯いるのにアブラゼミはレアになってきています。


クマゼミの幼虫よりも2周りほど小ぶりで艶々ですから、すぐに見分けがつきます。


今回は羽化の途中で事故が発生しました。
抜け殻からうまく脱出できず、床に落下してしまいました。
殻から落ちてすぐにはうまく物に掴まることが出来ないのですが、その割には水平だと落ち着かないのか歩き回るので、少し斜めに傾斜させたタオルで休憩させます。

 
その後、20~30分ほどしてから姿勢を垂直にして、通常の羽化の手順に戻ってもらいます。
羽が延びるときに内外の羽の重なりの乱れがあったのですが、そのうちきれいになりました。
(蝉の羽は左右で2枚ずつの4枚です。)


1時間ほどすると白い羽が黒くなってきます。
今日はこの時点で日付が変わろうとしています。
眠いですが、心配なのでもう少し見届けたいと思います。
では。<(_)>

カブトムシ

カブトムシがいました。


雨中でカメラを庇いながら撮ったらピンぼけてしまいました。
クワガタは稀に見ることがありますが、カブトムシは本当にレアですね。
カブトムシ繋がりですが、そういえばaikoのベスト盤を買ったまま眠らせています。
買った人なら分かると思いますが、パッケージをどう開けようか悩んだままです。(^^;
それでは。<(_)>

今年のナマズ

この夏に初めて連れて帰ってきたナマズです。


元気にウニウニ歩き回っています。

 
羽化を観察します。


無事に羽根が伸びました。
一晩かけて色が黒くなり、翌朝には元気に飛んでいきました。
それでは。<(_)>

7月7日

今日は七夕です。


近年では一番の雲の少なさです。
今夜は星が見えるでしょうか。


白粉花も良い匂いがしていました。
最近はさすがに種をつぶして遊ぶようなことはしませんが。
今日はナマズさんは見つからなかったです。
それでは。<(_)>

アブラゼミの幼虫

昨日、2週間ぶりにセミの幼虫を保護してきました。


クマゼミと違ってつやつやで小振りなナマズです。

 
2時間ほどじっとしていましたが、やっと出てきました。

 
逆さ吊りから腹筋をしてカラに掴まるまでがクライマックスです。

 
羽が綺麗に伸びてきました。
ここまで来るともう安心です。観察を中断して就寝します。


今朝の姿です。
少し小さめのアブラゼミの女の子でした。
写真を撮ったあと、外に放してあげました。
ではでは。<(_)>
2018年8月9日 | カテゴリー : 自然, 昆虫 | 投稿者 : 管理人

蝉の幼虫

今回も蝉の幼虫(ナマズ)を保護してきました。


分かりづらいですが、ちょっと小柄な子です。

 
今回は寝る前に孵り始めました。


羽が伸びきりました。ここまでで2時間足らずです。


さらに羽が透き通るまでに一晩かかります。
今回はクマゼミの女の子でした。明るくなってから外に逃がしてあげました。
<(_)>

夏!(2)

風物詩の蝉の抜け殻ですが、たまに中身が入っていたりします。


私は蝉の幼虫をナマズと呼んでいますが、夕方にぶらぶら歩いていると結構見つかります。
昨日は大雨の後でしたが発見できました。天気は余り関係ないのでしょうか。
飼育ケースに入れて観察していたのですが、結局、就寝するまでこの姿のままでした。


今朝の写真です。夜に寝ている間に蝉になっていました。
殻から出ててくる姿が見られなかったのはちょっと残念です。
今回はクマゼミの男の子でした。外ではお仲間が騒がしいので、すぐに解放してあげました。
殻から出ててくる姿が見たいので、また拾ってこようと思います。(^^)/~

夏!(1)

沖縄・奄美は6月中にさっさと梅雨が明けていたりするのですが、7月も半ばになり、そろそろ九州の方から梅雨も終わりを告げる時期です。
とはいっても、猛暑はずいぶん前から続いていますねぇ。溶けてしまいそうです。ついでに昨日まで3日連続で炎天下にいたので、焦げてしまいました。ww


蝉はずいぶん前から鳴き出しているのですが、窓を開けているとあらためてうるささが耳に染み入ります。
けれども写真の蝉は女の子のなので鳴きませんが。

 
蝉の抜け殻集めが始まると夏という感じがしてきます。夏の風物詩です。
これからまだまだ暑い日が続きます。ご自愛を。<(_)>

なまず(セミの幼虫)

夜、アスファルトの道の上をエッちらオッちら歩いているなまず(セミの幼虫)を持って帰って保護してきました。

16071601
こいつです。
観察ケースに割り箸や枝葉と一緒に入れてみましたが、なかなかセミになりません。
待ちきれずに寝てしまったのですが、夜中に起きて見てみても変化なしでした。

16071602
朝起きて見ても変化なし。と思ったら、シャワーを浴びているうちにこんな状態に。
どうやらクマゼミの男の子のようです。
時間はちょうどA.M.7:00頃でした。

16071603 16071604
20分位でこんな感じに。

16071605
30分で形がセミになりました。
体の色が黒くなるまで見ていたかったのですが、時間がなくてあきらめました。
このあと飛べる状態になって、ちゃんと大空へ?旅立って行ったようです。
生命の神秘をちょっとだけ感じた出来事でした。
2016年7月16日 | カテゴリー : 自然, 昆虫 | 投稿者 : 管理人