TOMIX 14系 リゾート白馬 入線

TOMIX 98697 JR 14系客車(リゾート白馬)セットが入線しました。
先週の記事では見送ったと書きましたが、不思議なことにその夜には何故が手元に。
3割引で在庫があったのでつい・・・。(^^;

 
14系の展望車付きシュプール&リゾート色座席車4両と寝台車2両の計6両のセットです。


以前に発売された「ムーンライト九州 基本セットB」と異なるのは、展望車の塗り分けが少し異なるのと、スハフ14が203,204番のジャンパ栓受けが窓下にあるタイプになっていることです。
また、側面のガラスパーツのHゴムが黒色ではなく灰色になっています。

 
1枚目・2枚目の写真のそれぞれ上と左が今回品です。
側面は青ラインが、妻面はトレインマーク周りの塗り分けが異なります。
トレインマークのHゴムは双方とも黒色ですね。


パーツ未取り付け状態のスハフ14です。
こちら側にもトレインマークが印刷されており、ライトユニットも組み込まれています。
幌枠と渡り板の色から車番がスハフ14-204限定になってしまいますが、先週のムーンライト八重垣と被ってしまうので、どうせ中間に封じ込めてしまうことからスハフ14-203にしようと考えています。

 
寝台車は洗面所窓と非常口扉が埋め込まれているタイプです。
また、2段寝台で梯子が表現されています。
ちなみにHゴムは黒色です。


スハネフ14の貫通扉の窓は金押さえタイプです。

 
ヘッドマークは丸形(リゾート白馬)が2枚付属しています。
TNカプラー用のジャンパ栓が2つ付属していますが、スハネフ14はともかく、オハフ14とオハフ15はなんだか違うような気がします。(オハフ15の展望室側のTNカプラー化時には、無加工ではジャンパ栓パーツは取り付けられません。)
転写シート(インレタ)の収録車番は、
・オハ14 201~208 各×3
・オハ14 251~258 各×3
・スハフ14 201~204 各×3
 スハネフ14 24,44 各×3
・オハフ15 201~203,251 各×3
 オハネ14 33,38 各×3
でした。
オハフ15 251の収録が不気味です。基本セットCみたいな感じで発売するつもりでしょうか。
もうお腹がいっぱいなので、出すなら多少高くても単品売りでお願いしたいです。


Nゲージの車両をS字カーブで停車させるとちょっと変ですが、6両をつなぐとこうなります。
実車はリゾート白馬の方が先輩のような気がしますが、当社では僅かな差で先輩となるムーンライト八重垣と仲良く走らせたいと思います。
それでは。<(_)>