KATO 151系 入線

KATOの10-530 151系「こだま・つばめ」8両基本セットと10-531 151系「こだま・つばめ」4両増結セットが入線しました。再生産品だそうです。(知らなかったです。)

 
基本セットの付属品はヘッドマークと行先表示シールです。増結セットは行先表示シールのみです。
ヘッドマークは「つばめ」(ローマ字部灰色),「はと」,「富士」,「うずしお」です。
「こだま」は製品に取り付けられています。
行先表示シール1枚につき、
愛称サボ:「つばめ」,「はと」,「富士」,「うずしお」が各18コマです。
「こだま」は製品に印刷済みです。
行先表示サボ:「神戸-東京」,「東京-神戸」,「大阪-宇野」,「宇野-大阪」が各10コマです。
「大阪-東京」,「東京-大阪」は製品に印刷済みです。
説明書での編成の指定は、大阪・宇野←クロ151-5,モロ151-5,モロ150-5,サロ151-5,サシ151-5,モハシ150-5,モハ151-5,サハ150-17,サハ150-5,モハ150-5,モハ151-15,クハ151-5です。
モハ151-5がM車で、サロ151-5,サシ151-5,モハ150-5,モハ151-15→東京 が増結セットに収められています。


表記類はこのような感じです。
基本的に1等標記時代は守備範囲外なのですが、すっかり忘れていました。
グリーンマークに比べると地味に感じるのです。
本当なら181系に改番された「しおじ」「はと」がストライクです。


各車の車体長の違いも正しく表現されているようです。

 
連結器はフックつきの伸縮カプラーで、連結面の間隔も狭くなっています。


1号車は特徴的なパーラーカーです。
特殊な窓形状で、昔の車両としては思い切った設計だったのでしょう。


眺めていて気がついたのですが、バックミラーの鏡面に銀色が入っており、芸が細かいです。


欲を言えばベンチレーターが従前通りの屋根と同じで、一体成形なのが残念なところです。


最後に動力関係のASSYパーツです。
4648-1B モハ151-3 動力ユニットと、4648-2D1 動力台車DT23です。
流石に12両編成で1Mはきついかなと思って用意しました。
増結セットのモハ151-15に組み込む予定です。
それでは。<(_)>