ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

TOMIX キハ183系 特急大雪 セットB 入線

トレンドを全く無視した入線が続きますが、TOMIX 98262 JRキハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットBが入線しました。
店頭在庫を調べると、同じような車種のサロベツセットがたまに売れ残っているようです。


4両セットです。両端が貫通型先頭車のセットBです。
買ってはいませんが、セットAは片側がスラントノーズ型になります。
収録車両は、キハ183-1550 キハ182-500(M) キロハ182 キハ183-1500(トイレ付)です。
転写シートはセットA・B共通で、キハ183-1551~1556,キロハ182-2・3・4・6・10,キハ183-1501~3,キハ182-501~503,キハ182-3・11・21・31,キハ183-213・214,キハ182-406・413・502が収録されています。
ヘッドマークは大雪のほかに共通運用だったオホーツク(OKマーク)が同梱されています。

 
キハ183-1550とキハ182-500(M) です。シート色はキハ183-1550が暗いベージュ色で、キハ182-500が緑色で成形されています。キハ183-1550のスカートは青色です。
キハ183-1550はシートの色から1551~1554だと思います。実車の写真を調べると1555と1556のシートは青色でした。(時期によって異なるかもしれません。)なお、発電装置が付いているとのこと。
キハ182-500は元サロベツ用がモデルになっているらしいので、501~503でしょうか。シートの色を気にしなければ、転写シートに収録されている400番台に仕立てても良いかもしれません。


キロハ182です。0番台車です。シート色はグリーン座席が赤みのあるベージュ色で、普通座席がエンジ色での成形です。 転写シートの収録車番通りの2・3・4・6・10が該当すると思います。
元はキロ182で、車販準備室が普通座席に置き換えられて形式変更になっています。

 
キハ183-1500(トイレ付)です。シート色は赤色での成形です。スカートは青色です。こちらのモデルも元サロベツ用だったらしく、1501~1503番になります。
客窓が埋められた部分がトイレと自販機スペースらしいのですが、中の様子は知りません。
こちらにも発電装置が付いているとのことです。


思い返すと客車急行時代の「大雪」は乗り倒したのですが、この模型の時代は乗ったことがありません。
思い入れはないはずなのですが、正直なところヘッドマーク買いですね。
ただ、半室ですがグリーン車もつないでおり、短い編成にかかわらず特急の風格を保っているように見えますので気に入っております。
唯一「ん~っ」と思うのは、相変わらずのバナナ車体が直っていないことです。orz
とりあえず、車番はネットで調べて、
遠軽←1号車 キハ183-1552 キハ182-501 キロハ182-6 キハ183-1503
にする予定です。(他にもいろいろな組み合わせが検索で引っ掛かってきます。)
ヘッドマークは、以前に発売されたオホーツクセットを持っている関係で大雪のままにします。
それでは。<(_)>

KATO 101系 関西線色 入線

消費税が10%になる前にあわてて注文した品が届きました。

 
10-289 101系 関西線色 6両セットです。
原形ヘッドライト、非冷房に惹かれて買ってしまいました。
かなり以前に発売されたと思いますが、よほど人気が無いのか新品で買えました。


付属品は方向幕パーツとジャンパ栓です。
方向幕は、奈良ー湊町,88Aが取り付けられています。
別に、柏原-湊町,王子ー湊町,91A,86Aが付属しています。
写真には撮っていませんが、ジャンパ栓はケーブルが黒く塗り分けられており、色入れの必要がありません。
警戒色の帯は、もう少しオレンジ寄りの色が実車に近いかもしれません。


窓の中桟に取っ手のモールドがしてあり、芸が細かいです。

 
パンタグラフが載っていないサハ100にあるパンタ台座やランボードに萌えてしまいます。ちなみにクモハとモハに載っているパンタグラフはPS13です。
実はTOMIXの103系非冷房の編成が品切れで入手できなくてこちらを購入したのですが、安かったですし、とても良い感じで結果オーライでした。京都駅だけでなく、新大阪駅でもウグイス色の車両を見かけるようになり、この色の車両にも親近感が湧くようになったところでしたし・・・。
レールに載せてあげたかったのですが、今週はずっと忙しい予定なので、しばらくは叶いそうにないです。
では。<(_)>

3Dプリンター 故障

じゃじゃ馬過ぎて手に負えない3Dプリンターですが、また故障しました。


フィラメントの吐出状態が悪くなって、まともに印刷できなくなったのですが、エクストルーダーを分解してみるとフィラメントをモーターのギヤに押しつける部品が木っ端みじんになっていました。


HICTOPに部品を売ってくれとメールを送るとすぐに発送してくれました。
(Amazonの注文番号を一緒に書くとやりとりがスムーズになります。)
メーカーの対応は良いのですが、なにぶん中国からの発送なので到着までに2週間が経過しています・・・。


そのまま部品を交換してもステッピングモータが振動するだけでフィラメントが吐出されなかったので、エクストルーダーのマザーボード上のポートをE0からE1(空きポート)に振り替えて、ファームウェアもE1に対応したものに書き換えると無事に印刷ができるようになりました。(文章にすると数行ですが1日つぶしました。(^^;)
それでは。<(_)>

TOMIX 583系 きたぐに 床下機器修正(改)2

別にたいした話ではないですが、モハネ582-88の実車の画像とにらめっこしていて気になったので・・・。

 
2枚目の写真の黄線部を少し左に寄せました。
これでも実車と違うところがあるのですが、面倒なので目をつむっています。
もし次回作があるなら、別の方法で別のモノが出来上がる可能性が高いです。(^^;
それよりもインレタを貼らないと。
それでは。<(_)>

TOMIX 583系 きたぐに 床下機器修正(改)

TOMIX 97911 JR583系電車(きたぐに・JR西日本旧塗装)セットにはクハネ581とクハネ583とが収録されていますが、96年と98年の電車編成表を見ると、クハネ581とクハネ583を先頭車とした編成は、
B5編成 クハネ581-33 モハネ583-102 モハネ582-102 サロネ581-5 サロネ581-16 モハネ583-66 モハネ582-66 モハネ583-89 モハネ582-89 クハネ583-28 →大阪
B6編成 クハネ583-27 モハネ583-101 モハネ582-101 サロネ581-1 サロネ581-25 モハネ583-70 モハネ582-70 モハネ583-88 モハネ582-88 クハネ581-36 →大阪
の2つです。(98年はさらに新塗色に変更された後ですが、この間の編成は固定されていたようです。)
しかし、どちらもモハネ582-88か89をつないでいますので、床下を修正することにします。
(今回はB6編成に仕立てる予定です。)

 
前回の新塗色の「きたぐに」にも床下機器の修正を施しましたが、今回はその方法を改良します。
2M化するのに必要な別売りの動力ユニット(0676)には前期形と後期形の床下が付属していますが、前期形の床下をベースにし、そのうちの片側だけを加工します。写真の1枚目がそのまま使う側で、2枚目が修正する側です。

 
まずはこんな感じになります。(写真を撮った後に機器の配置を少しずらしました。)
機器の移動や切削で穴が空くところは光硬化パテで埋めています。
移植した後期形の機器は型想いとプラリペアでコピーしたものです。

 
あとはタンクを取り付けるのですが、サハネ581のタンクをコピーして、半分に割ったタンクを作ります。


空いたスペースにタンクを取り付けて造形ができました。
(写真を撮った後に機器の配置を少しずらしています。)

 
仕上げにブラックで塗装して、つや消しクリアを吹きました。
これで、モハネ582-88の床下のできあがりです。
ちなみに相棒のモハネ583-88は後期形の床下です。
あとパンタグラフですが、編成表を見ているとこの塗色とシューの先が細いパンタグラフとの組み合わせは、ごく短期間だけですがあったようです。ということで交換しようかどうしようか検討中です。
では。<(_)>

追記:「TOMIX 583系 きたぐに 床下機器修正(改)2」(2019/09/17)