ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

TOMIX シキ1000 積荷製作

TOMIXのシキ1000に載せる積み荷を作ってみました。


元々は剥き出しの変圧器が付属していますが、TOMIXの変電所キットの変圧器と同じに見えますので、流用品のようですね。
実車の写真では変圧器は運搬用のケースに収められている姿で運ばれているようなので、これを作ってみます。


試作品を印刷しました。
灰色のPLAを使って、積層ピッチ0.1mm,速度10mm/sで印刷しています。


組み立ててみました。と言っても瞬間接着剤でくっつけただけです。
プリンタの性能か、プリンターの組み立てに失敗しているのか、積層痕や鬆が目立ちます。印刷の設定をいじると改善されるかもしれませんが。
積層痕を消すのが面倒でほとんど処理をしていませんが、当然やった方が良いです。

 
軽く塗装をしてみました。
遠目に見るとらしく見えますが、積層痕が目立つので、現状では3Dプリンタに頼るよりもプラ板を切り出して箱組みした方が良い感じに仕上がりそうです。
とは言え、3Dプリンターの設定はもう少し研究してみます。
では。<(_)>

TOMIX シキ1000 ブレス取付

TOMIX 2773(2735) シキ1000 にブレスを取り付けてみます。


2773 シキ1000 です。最近の銀車輪ロットです。

 
実車では荷台の奥にブレス(×形の部材)が見えますが、模型では省略されています。

 
3Dプリンターで適当に印刷して、エナメル塗料のつや消しブラックのペンで塗装し、木工用ボンドで車両に貼り付けました。上部の横梁と下部の両端2点での接着になります。ちょっと手前過ぎる感じもしますが、奥の上部にある梁のモールドとの兼ね合いでこの位置になりました。
印刷した部品の厚みは0.8mmで、もう少し薄い方が実感的ですが、これ以上薄いと部品の強度がなくなって扱いにくいです。手間でなければ薄いプラ板を切り込んで作った方が良いかもしれませんが、今回は3両分を用意するのが面倒で、3Dプリンターを使いました。

 
こちらは、品番が2735のプラ車輪ロットです。箱の裏のロゴが懐かしい「TOMY」になっています。
車輪以外は現行ロットと形状に違いはないようなので、同様に作業を行いました。


写真は1両ですが、3両とも取り付けて終わりです。
次はそれらしい積荷でも作ってみたいです。
では。<(_)>

TOMIX 583系 きたぐに(旧塗装) 入線

TOMIX 97911 JR583系電車(きたぐに・JR西日本旧塗装)セット[限定品]が入線です。

 
製品化発表当初はなるべく無視していましたが、日を追うごとに毎日眺めていた思い出が・・・、ということで発売直後にポチッとな。(^^;
安売り店での在庫が見つからず、ちょっとお高めな購入となりました。
関西の車両なので生産数が絞られたのか、すでに市場在庫が枯渇気味なようです。

 
10両編成で、ブックケースは2分冊です。

 
ヘッドマークはもちろん「きたぐに」が装着済みです。
TOMIXのヘッドマークは枠の縁取りがないので、若干の実車との印象の差があります。
先頭車はクハネ581とクハネ583のセットです。


原形車と比べると非常口扉が埋められています。


パンタグラフはホーンタイプではありません。
モデル化された年代は1994年頃のようですが、これで合ってるのかな?


ヘッドマークは「シュプール 妙高・志賀」が同梱されています。
インレタは、
(大阪方 1号車)
 クハネ583-28    クハネ581-36
 モハネ582-89    モハネ582-88
 モハネ583-89    モハネ583-88
 モハネ582-66    モハネ582-70
 モハネ583-66    モハネ583-70
 サロ581-16      サロ581-25
 サロネ581-5     サロネ581-1
 モハネ582-102   モハネ582-101
 モハネ583-102   モハネ583-101
 クハネ581-33    クハネ583-27
(新潟方 10号車)
が収録されています。
1994年の電車編成表を見ると、順にB5,B6編成の車番になっています。


とりあえず、100均で買ったファイルケース(絶版品)に3Dプリンターで印刷した間仕切りを入れて、ウレタンを内貼りしたものにまとめて収納します。さりげなく12両に増殖していますが、気にしないでください。(^^;
整備は時間を見つけてボチボチとすすめたいと思います。
それでは。<(_)>

TOMIX 500系 窓ガラス追加

TOMIXの500系は何度か生産されていますが、所有しているのは旧品番(9282 92083 92084 2872 2876)の車両になります。これはこれで古くてもフォルムは問題ないと思っていますが、可動幌の部分の窓ガラスが省略されているのが難点です。


よく見るとちょっと気になる・・・。
知らないと窓パーツの欠落かと思ってしまいますね。
最近の生産では改善されているようですが。

 
この旧製品の窓ガラス問題を解決するパーツとして、TOMIXからPG6119 窓ガラス(500系用車端部ガラス)セットが発売されています。TEC STATIONだと税込み送料別で3,024円です。模型店の通販で購入すると送料込みでこれくらいの価格で買えます。そもそもが足りない窓ガラスへの対応と考えると高い買い物です。
このセットの内容ですが、出入口扉の細窓用の窓ガラスパーツ20個(17個使用)と、グリーン車のうち車端部に大窓がある2両分の窓ガラスランナーが入っています。

 
細窓の窓ガラスパーツと、これを取り付けた写真です。


ガラスパーツを取り付けてみます。
見た目にうまく取り付けられたように見えても、組み立てると可動幌がスムーズに動かないときがあるので、そのときはもう一度バラして窓ガラスパーツを取り付け直します。


大窓ガラスパーツのランナーです。他の窓との一体成形になっています。ランナーから切り離してもとの窓ガラスパーツと入れ替えます。


なお、窓ガラスランナーは2組ありますが、形状と刻印されている番号が違います。
8号車用が2870,10号車用が2871です。

 
今回は単に窓をはめるだけの作業で、最初からはめておけよ!と言いたくなりますが、何か大人の事情があったのかもしれません。
ついでに放置していた号車番号と車体番号のインレタを転写し、屋根のガイシとジョイントカバーを取り付けて500系の整備を終えました。
しかし、16両フル編成ではさすがに貸しレイアウトでの運転になりそうです。
それでは。<(_)>

TOMIX 500系 ヘッドライト電球色LED化

LEDネタが続きますが、500新幹線のヘッドライトを電球色LEDに交換します。


オリジナルの状態です。
ヘッドライトがトミックスオレンジです。しかも暗い。(^^;
テールライトも暗いですね。


取り外したライト基板です。
LEDは2つとも写真の下の方がアノード(+)側です。
基板の電極部品が落ちやすいので、なくさないように気を使いました。


LEDを交換しました。左から電球色,赤色です。
赤色LEDには高輝度形を使ってみたのですが、明る過ぎたのでジャンク箱にあった輝度の低いものに再交換しました。それでも元のLEDよりは明るくなっています。
なお、抵抗は1kΩに変更しています。


基板を元に戻して出来上がりです。
綺麗に点灯しています。
しかし500系はかっこいいですね。
当社の方針として新幹線は保有しないようにしているのですが、500系は例外です。
ではでは。<(_)>