ダイソン DC62 修理

モーターヘッドが動かなくなったdyson DC62を修理します。

 
8年以上使っていますので、寿命と言えばそれまでなのですが。


グリップを握ってもモーターヘッド送りの電圧が出ません。
(結果論ですが、ここで本体の故障と疑ったのが間違いでした・・・。)


とりあえず分解してみます。
詳しい分解の仕方はいっぱい動画が上がっているので割愛します。

 
一番の肝は1枚目の写真の白いぽっちを、棒状のものでつまんであげることですが。


モーター部分とサイクロン部分が分かれました。


動作確認済みのDC74のモーター部分と交換します。
DC62とDC74のモーター部分はロゴが違うくらいで全く同じに見えます。
モーターヘッド用のDC-DCコンバーターの不具合ならこれで直るはず・・・。


結果は玉砕でした。
テスターで電圧を当たってみるとモーターヘッド送りの電圧が出ていません。
もしかして通電状態にならないと電圧が上がらないタイプなのか?

 
モーターヘッドを分解しました。こちらも分解方法は割愛します。
見事に白色のコードが破断していました。
先にモーターヘッドを調べておけば良かった・・・。


切断したコードをつなげてモーターヘッドを組み直すと、・・・直ってしまいました。
「今回の件からお前が得るべき教訓は、電圧が出ていないからと言って壊れていると思わないことだ。」(貝木泥舟風に。)
では。<(_)>

モーターキット 組立

子供向けのモーターキットを作ってみました。

 
材料は見ての通りです。
ボタン電池のような丸い物体は磁石です。ネオジム磁石かな。
ブラシは銅棒に圧着されたY端子です。
肝心のコイルは少し太めのエナメル線で作るのですが、付属の筒に巻き付けて自分で作ります。
コイル状にしたエナメル線の両端は、片側をすべて、もう一方を半分くらい、紙やすりでエナメルを削り落とします。


こんな感じに組み立てます。
磁石は乾電池の上にくっつけておきます。
上手く作るとこの状態で勝手に回り始めます。

理屈ではわかるのですが、こんな簡単な仕組みで回っちゃうんですね。
ちょっとわくわくしてしまいました。
どうやらこのキットにはあの日本電産(株)が関わっているようで、なるほどと言った感じです。
では。<(_)>

トイレタンク水漏れ対応

トイレタンクからの水漏れが発生しました。
せめて10年は持って欲しかったのですがダメでした。


タンクと便器を締結する取り付けボルトと樹脂製の固定ナットをつたって水滴が落ちてきます。
現在のところ豆腐の空き容器で受けていますが、これが1日で満杯になるようなら修理を考えようと思っています。
外装の陶器タンクの中に、さらに洗浄水をためる樹脂製タンクが入っている二重殻構造のタンクなのですが、給水栓を止めても漏れが止まらないので、給水関係では無く樹脂製タンクそのものに不具合が生じているようです。
樹脂タンクを露出させるには便器から重い陶器タンクごと外す必要があり、そんな元気もないので漏水箇所の特定はしていません。
製品はTOTOのピュアレストEX SH321BASですが、施工業者が頼りなく、部品の取り付け忘れを私に指摘されて、捨ててしまったのでと言って後から送ってくるようなところだったので、組み立て時に何かやらかしてくれたのかもしれません。
別の業者ですが、別件でも部品の取り付け忘れをこちらから指摘したことがあります。同じ様な作業に慣れているから余計に施工説明書を読まないのかもしれませんが、プロとしては失格ですね。
とりあえず、この水漏れがあと5年はこれ(豆腐の空き容器)で凌げたらと思っているのですが、修理をするならメーカーの部品保有期間を考えないといけませんし、悩ましいところです。
それでは。<(_)>

3Dプリンター 稍異常

最近やっと寒い日が続くようになりましたが、3Dプリンターを使おうとしたところ起動しませんでした。


こんな感じでエラーを吐いています。
昨年の春の組み立てたあとの初回の電源投入時のエラーと同じなのでビビりました。
ただ、前回はゴールデンウィークの時期にノズル温度表示が冷凍庫並みの-14℃だったのですが、今回はノズルが3℃、ベッドが5℃で室温がほぼ正常に表示されているようです。(前回はマザーボードの初期故障が原因でした。)


そこで、ドライヤーでノズルとベッドを10℃以上を目途に暖めてみました。

 
すると無事に起動して印刷ができるようになりました。
どうやらノズルとベッドの温度が低いと印刷しないようにファームウェアが組まれているようですが、3Dプリンターしか稼働していない無人の部屋に暖房を掛けるつもりはさらさらないので、起動できたあとの印刷中は寒い部屋に放置していても問題は起きませんでした。
もしかしたら過冷却で印刷品質に難が出てくるのかもしれませんが・・・。
ちなみに今回の作品はボンド立てです。意外と便利です。
それでは。<(_)>

はんだごて 改良

長年にわたり使い込んだはんだごてですが、今更ながら手を加えます。


普段から使っている何の変哲も無いこてとこて台です。
最近はコードレスはんだごてを使うことが多いのですが、がっつり使うときはガス代が気になりますので、やはりAC電源タイプも必要です。

 
さて、このこての先にはネジが付いており、1枚目の写真のM3のネジで外筒と内部のヒーターが、M4のネジで内部のヒーターとこて先が固定されています。
このままこてをこて台につっこむと、写真の通りでネジが引っ掛かって奥まで入りません。
この状態はとても危険で、露出した高温部で何度もやけどを負いました。

 
そこでM4のネジをイモネジに交換します。

 
ネジの頭の分だけクリアランスが取れるようになって、こてがこて台に刺さるようになりました。
残りのM3のネジもイモネジに交換したかったのですが、M3のネジはその頭で外筒と内部ヒーターを締め付けており、イモネジに交換するとヒーターとこて先が外筒から抜けてしまうので諦めました。


調子に乗って、同様な状況だったブラスキット用のはんだごてのネジも交換しました。

 
こちらもうまく刺さるようになったのですが、こて先が長すぎて新たな危険箇所が生まれました。(^^;
けど手元とは反対側なので気をつければ大丈夫かな。


と思っていたのですが、こて台には元々こんなカラーが付いていたことを思い出しました。
こて先のねじがこれに引っ掛かって使い物にならなかったので、購入直後に外して保管していました。
20年もよく失わずに置いていたものです。

 
カラーの装着前後の写真です。
購入してから初めてこて台が完全体になりました。

 
はんだごてを刺してみた写真です。
完全にはこて先が収まりませんでしたが、だいぶマシになりました。
当面はコレで使っていきます。
それでは。<(_)>

パワーパック(PWM) 製作

隔月刊誌のN(エヌ)の12月号でパワーパック(コントローラー)の製作記事がありましたので、まねて作ってみました。

 
記事では秋月電子通商の500円くらいのキットを使っていましたが、値段の通りの部品点数が少ないキットです。素組みなら10分程度で組めると思います。(組み立て前の写真を撮り忘れています。)
写真では放熱用のヒートシンクを追加して、ボリュームは別付けにするために取り付けていません。
また、キットのままだとPWMの周波数は10kHzということなので、発振用のコンデンサを1,000pFから510pFに置き換えて周波数のアップを試みましたが、オシロスコープを持っていないので波形が正常に出力されているのか検証ができていません。(^^;
(2019.12.08追記 オシロスコープで観測すると約20kHzの矩形波が出力されていました。)

 
このキットはボリュームを絞っても完全に出力をゼロにできないらしいので、ON/OFFスイッチ付きのボリュームで、絞りきったときに制御電源自体を切るようにしてみました。
つまみと電源スイッチ,方向選択スイッチ(と510pFのコンデンサ)はジャンク箱に転がっていたものです。
なお、スイッチのリングナットは2つとも紛失してしまっていたので、3Dプリンタで印刷しました。

 
ACアダプターは12V2.0Aのものを新たに購入しました。
運転中に短絡事故を起こしてACアダプターに内蔵されているヒューズを飛ばしてしまうと2度と使えなくなって被害が大きいので、パワーパックの回路にポリススイッチを付加します。(1度やってしまったことがあります。)
ポリスイッチは1.1Aのもので、2.2Aで回路を遮断するらしいのですが、ACアダプターのデータシートを見ると3Aまでは流せそうなので、ポリスイッチが作動するまでの短時間の定格超えは大丈夫と判断しました。


あらためて、キットとは別に用意した別売り部品です。(ネジ類やヒートシンク、ケースのゴム足が写っていませんが・・・。)
写真のつまみとスイッチ,電源ランプ用のLED,DCジャック,プッシュターミナルはジャンク箱を漁ったら出てきたもので、つまみやスイッチの形状にこだわらなければ、必要な部材はすべて秋月電子通商で購入できます。

 
この手のキットは基板のハンダ付けよりも、ケースの準備(開口など)の方が面倒くさいのですが、今回は3Dプリンターで印刷しました。
印刷に半日はかかりますが、単純な形状なら設計も難しくなく、ケースの加工が不要なので圧倒的にラクです。
ちなみに印刷時のインフィルは100%です。中途半端に設定すると壁内のわずかな隙間を中空にするためにヘッドがガタガタと五月蠅く動いてかえって時間が掛かったり、出来上がったケースにタッピングネジが利かなくなったりします。


外付け部品の配線に少し時間がかかりましたが、無事に完成しました。
動力ユニットが意外となめらかに走行します。
最近はこの手の工作から少し疎遠になっていたので、勘を維持するのには良かったです。
それでは。<(_)>

FUSION360での躓き ネジ山編

FUSION360でナットを作図して、3DP-17で印刷してみましたが、ねじ山がつんつるてんになってしまいました。


ナットの中心の穴はねじ穴になるはずが、なぜか下穴の状態で出力されます。
しかし、STLファイルをチェックすると、そもそもねじ山がデータ化されていません。


ネットで調べると、ねじ山を刻むときの「ねじ」のダイアログボックス内の「モデル化」にチェックを入れ忘れていたみたいです。


正常に印刷ができたようです。
目的は、リングナットを紛失してしまったジャンクなスイッチの再生です。


嵌まりました。
意外と簡単に作れて拍子抜けです。ww
では。<(_)>

3Dプリンター 故障

じゃじゃ馬過ぎて手に負えない3Dプリンターですが、また故障しました。


フィラメントの吐出状態が悪くなって、まともに印刷できなくなったのですが、エクストルーダーを分解してみるとフィラメントをモーターのギヤに押しつける部品が木っ端みじんになっていました。


HICTOPに部品を売ってくれとメールを送るとすぐに発送してくれました。
(Amazonの注文番号を一緒に書くとやりとりがスムーズになります。)
メーカーの対応は良いのですが、なにぶん中国からの発送なので到着までに2週間が経過しています・・・。


そのまま部品を交換してもステッピングモータが振動するだけでフィラメントが吐出されなかったので、エクストルーダーのマザーボード上のポートをE0からE1(空きポート)に振り替えて、ファームウェアもE1に対応したものに書き換えると無事に印刷ができるようになりました。(文章にすると数行ですが1日つぶしました。(^^;)
それでは。<(_)>

カップリング(軸継手)交換

3DプリンタのZ軸方向の精度が良くなかったので、カップリング(ユニバーサルジョイント)を交換してみました。

 
Z軸のステッピングモーターの軸は、リードスクリューとコイル型のカップリングを介して接続されています。
ところが、左右のカップリングを見比べると、3Dプリンタの組み方が悪かったのか、2枚目の写真のカップリング(プリンターに向かって左のカップリング)のスリットの隙間がなくなってつぶれた感じになっています。これでは、軸の偏心や傾きに対応できず、精度が出なさそうです。
とりあえず、プリンターのあちこちのボルトを緩めてフレーム等のひずみを取ってみましたが改善されなかったので、あきらめて違うタイプのカップリングに交換してみることにしました。


選んだのは1個1,000円ほどのダイヤフラムカップリングなるものです。
例のごとくアマゾンで注文し、中国からのお取り寄せです。到着まで2週間ほどかかりました。

 
交換は簡単です。ステッピングモータの軸のカット部分とクランプ用のイモネジの方向を合わすくらいです。(1枚目の写真)
テスト印刷をしてみるとZ軸方向の精度は上がったような気がしますが、しばらく様子を見てみます。
では。<(_)>

本日のお買い物

久しぶりに秋月電子通商で買い物をしました。


左上から、無極性白色LEDφ3、赤色LEDφ3、拡散キャップφ3、同φ5、USB OTGケーブル(TYPE-C)です。 
無極性LEDは室内灯のLED化に使うつもりです。
赤色LEDは尾灯のLED化用で、明る過ぎると格好悪いので輝度の低いものを買ったつもりなのですが、実際に点灯としてみると結構明るく、もう少し暗いLEDにすれば良かったです。(追記:車両によるとは思いますが、実際に組み込むとそんなにギラつかず、良い感じで使えています。)
拡散キャップは明るすぎるLEDの輝度を落とすために使う予定です。
OTGケーブルはMicroUSB用しか持っていなかったので、最近流行しているTYPE-C用を購入しました。
以上、本日のお買い物でした。<(_)>