2020年の特急ニセコ号

今年こそはキハ183系の「ふらの・びえい号」と「特急ニセコ号」に乗るぞと意気込んでいたのですが、「ふらの・びえい号」は新型肺炎の関連で運転されず、「特急ニセコ号」も旅程を立てようとしていた時点で、これまた新型肺炎の感染がすごい勢いで広がっていたので、リスク回避のために断念し・・・。結局のところ乗りに行くことができないまま、本年の運転が終了してしまいました。

 
ということで残念ながら模型の写真です。
JTB時刻表によると運転計画は、
2020/9/5-7,10-14
9012D 札幌7:57発 函館13:40着
8011D 函館13:58発 札幌19:27着
でした。(往路と復路の列車番号が、それぞれ9000台と8000台になっていますね。)
YouTube等の情報から毎日の編成をチェックしていましたが、期間中での車両の差し替えはなく、
函館←キハ183-1503 キハ182-502 キハ183-1555
だったようです。(2枚目の写真の左手前側が函館方としてイメージしています。)
まるで特急サロベツの編成ですが、模型ではTOMIXの特急大雪セットBのキロハ182-0を抜いて、キハ183-1550のシートを青色に塗り替えれば再現できそうです。(シートの色を気にしなければそのままでも・・・。)
写真のヘッドマークは昨年末に購入した特急ニセコセットのものを使っています。
とりあえずキハ183系はいつまで走っているのか分からない状況ですし、なんとかチャンスを見つけて乗りに行きたいなぁと思っています。
それでは。<(_)>

KATO 中空軸車輪<車軸短> 購入

KATO 11-611 中空軸車輪(スナップ式台車用・黒)<車軸短>8個入を購入しました。


右が今回購入した車輪です。
左は比較用の11-606 ビス止め台車用の車輪です。

 
各写真の右の車輪が今回購入したスナップ式台車用の車輪です。
車輪、フランジ径、車輪間隔や車輪の厚みには違いがないようですが、確かに品名通りに車軸の突き出しがかなり短くなっています。
実際のところ、先日ビス止め台車用の車輪に交換したシキ1000と再交換してみましたが、ポロポロと台車から外れてしまい使い物になりませんでした。
手持ちの車両を黒染車輪にしたい場合は使いどころを間違わないようにしないといけないようです。
それでは。<(_)>

バスコレ 夕張支線 当選

イカロス出版の「N.(エヌ)」の懸賞でバスコレが当たりました。


21種類の商品が1個づつ当選することになっていて、そのうちの1つです。
(応募ハガキに欲しい商品を記入する選択制です。)

 
応募する商品のチョイスが良かったのかもしれませんが、ハガキは出してみるものですね。
ちなみに「N.(エヌ)」は隔月刊です。次の発売日は明日です。
では。<(_)>

踏板型方向指示LED 購入

以前から気になっていた、TOMIX 0112 踏板型方向指示LED(2個入)を買いました。

 
2枚入りでした。


中国製です。

 
レールに取り付けるとこんな感じで光ります。

 
ストレートレールだけでなく、C280のカーブレールにも取り付けられました。
パッケージの表示からはミニカーブレールとスーパーミニカーブレールにも対応しているようですが、C280より小さい半径のカーブレールは持っていないので検証できていません。
使い道についてはこれから考えたいと思います。(^^;
それでは。<(_)>

祝 きのくにシーサイド 製品化決定

本日、TOMIXさんからきのくにシーサイドの製品化決定の発表がありました。

 
先行投資が無駄にならずに済みました。夏にはこの機体にヘッドマークが付いていることでしょう。選挙結果でノロッコ号が3位に沈んだことは不本意ですが。
しかし、アイランドエクスプレスとかを期待して買った人も居ると思うのですが、TOMIXさんはどう始末を付けるつもりなんでしょうね。こんな企画はもうごめんです。
それでは。<(_)>
参考記事1:TOMIX DE10 きのくにシーサイド 入線
参考記事2:TOMIX JR12・24系客車 きのくにシーサイド 入線

TOMIX キハ181系 紹介

先日の台風のおかげで何もする気がせず、今週はまったりとしています。
ふと、先週にKATOから10-836他のキハ181系が再生産されたことを思い出し、自社で保有するTOMIXのキハ181系を眺めてみました。


品番は92723他です。発売からずいぶん経ちますが、いまだにカタログ落ちしていない製品です。リニューアルはまだかと待っていたのですが、先にKATOから現在の製品水準で発売されてしまい、陳腐化が否めない状態になっています。そこで当社では色々と手を入れて、少しでも見栄えを良くしようとしています。

 
実のところTOMIX製のほかにKATO製(10-836他)の前回生産品を併せて保有しており、各写真の左がKATO製で、右がTOMIX製になります。(KATO製は運転台上の信号炎管と屋根の煙突が未取り付けです。)TOMIX製は元々クリーム色だった前面窓枠・ライトリム・特急マーク・ヘッドマーク枠に銀色、貫通扉窓枠に灰色を入れています。TOMIX製は窓ガラスが枠より少し内側に控えているだけ銀色部分がどうしても厚くなるのですが、KATO製の方も窓ガラスパーツの厚みの分が銀色に見えるので、ぱっと見の印象が同じに見えます。

 
各写真の下がKATO製で、上がTOMIX製です。クーラー頂部のネットの有無が違いますが、プロトタイプの違いなのか表現の省略なのかは把握していません。大きな違いはそれくらいで、TOMIX製の方が少しモールドが甘く表現がぬるいところがありますが、言われないと気が付かない位です。ただ、塗装に関しては、TOMIX製の方が明らかに凹部に色が回っていません。連結器はKATO製がボディーマウント伸縮タイプです。TOMIX製についてはアーノルドカプラーが標準ですが、台車マウントTNカプラー化しています。ボディーマウントTNカプラーは予算の関係で採用しませんでした。また、KATO製では幌が標準装備になっていますが、TOMIX製は幌枠のモールド表現のみで貧相なので、分売パーツの気動車用幌を木工用ボンドで取り付けています。あと、写真では分かりづらいですが、座席の成形色はKATO製が青色で、TOMIX製が茶色です。

 
ライトを点灯させてみました。
1枚目の写真がKATO製です。ヘッドマークは綺麗な白色ですが、ヘッドライトは黄色っぽいです。
2枚目の写真がTOMIX製ですが、KATO製にくらべると散々な感じで各ライト類の相互遮光ができていないとか、ヘッドマークが電球色だとかで劣っていることが分かります。ただ、ヘッドマークだけは標準のシールを使わずガチョウハウスさんのピタサボを採用しており、細密な印刷で気を吐いています。(ヘッドマークが「はくと」になっていますが、当社の車両にはATS-Pは装備していません。(^^;)
しかし比べてみると発売時期の差は如何ともし難く、色々と物足りなさが目に付くTOMIX製ですが、それでも愛着があってKATO製を導入した現在でも手放せずにいます。
それでは。<(_)>

MicroAce タキ11000 前期型 手摺りの違い

MicroAce A-1354 タキ11000 前期型ですが、もう1セットが増備のために入線して、それを眺めていて今更ながら気付いたことがあるので書き残しておきます。


前期型セットは8両編成で、車番は11061 11007 11065 11020 11046 11042 11054 11066です。
そのうち11046と11042なのですが・・・、

 
それぞれの写真の左側の車両が11046(11042)なのですが、側面の手摺りが内側(車体中心側)に折れているのが分かるでしょうか。最初は手摺りを壊してしまったかと思ったのですが、保有するもう1セットも同じでしたので、これが正解なようです。
ネット上の実車の写真でも、折れている手摺りと折れていない手摺りが確認できました。


車番の設定次第では、すべて折れていない手摺りに揃えることもできたはずなのに、実に細かい造り分けをしています。マイクロエースらしいと言えばらしいのですが。
それでは。<(_)>

KATO サウンドボックス 導入2

KATO サウンドボックス 導入1の続きです。
電源コードを追加で製作した件と、22-202-6 キハ58 サウンドカードの使用感についてです。

 
ところで、サウンドボックスにACアダプタを使うと、レールへの電力(走行用電力)はACアダプタからの供給となります。ではパワーユニット(パワーパック)はというと、ダイヤルの回転角に応じた信号をサウンドボックスに供給するだけで、その容量はほとんど遊ばせています。また、ACアダプタからレールに電力を供給している場合、脱線等でショートが起きるとACアダプタ内部のヒューズが飛んでしまい、永久に使えなくなります。(ヒューズは交換できません。永久故障となります。実は経験済みです。(^^;)一方、鉄道模型のパワーユニットには自動もしくは手動で復帰できる安全装置が付いていますから、何かあったときでも気が楽です。ということで、ACアダプタからでなく、パワーユニットのTCS電源(制御機器用電源(+12V))をサウンドボックスに供給すれば、パワーユニットの容量のムダと永久故障の危険性を同時に解決できます。
必要になる材料はBECコネクター((株)川田模型製CN102K)と圧着ペンチ(大西工業(株)製MINIクリンピングプライヤーNo.150),平行コード,DCプラグ(外径5.5mm,内径2.1mm,長さ7mm以上,センターピンなし)です。

 
平行コードにピン(オス)を圧着するのですが、大中小とあるダイスのうち、コードは大、導線は中を使いました。圧着できたらピンをハウジング(メス)に収め、コードの反対側にDCプラグを半田付けします。2枚目の写真ができあがったコードです。
実のところ、このコードはTOMIX製の延長コード(5810 TCS電源延長コード(信号・踏切用))の片側を切断して、DCプラグに取り替えれば同じ物ができてしまいます。わざわざ入手性の悪いコネクタや圧着ペンチを買ってまでして作る必要はありません。コネクタと圧着ペンチはネットで買うと送料込みで結構いい値段になりますし、今回は何となく気まぐれで一から作ってみたかった、ただそれだけです。(;^_^)ゞ
あと、サウンドボックスにつなぐ前に、必ずパワーユニットのTCSコネクタにつないで、DCプラグのセンターが+極になっているかテスターで調べておきます。ちなみにTOMIX製のコードの仕様に従って、白線をマイナス極に接続しています。 

 
さて、サウンドボックスを導入する動機となったキハ58のサウンドカードです。6個のボタンに割り付けられた音のほかに、サウンドカードをマウントしたとき(カードを差してEJECTボタンを押したとき)にエンジンの始動音が鳴ります。


テスト風景です。ACアダプタがなくなって少しすっきりしました。
キハ58のサウンドカードですが、いやぁ、良いですよ。DMH17が唸ります。涙が出てきます。小さな小判型のテストレイアウトで、夢中になって2時間ほど続けて運転してしまいました。ひとつだけ戸惑ったのは、変直切替の音がうまく出なかったことで、SYNCツマミをいじっているうちに出るようになりました。このカードはサウンド同調タイプのカードで、車両の加減速に癖がありますが、操作に関しては使っているうちに慣れて来ます。
いやはや、これは今後の国鉄型車両のカードの発売に期待してしまいます。それではこれで。<(_)>

KATO サウンドボックス 導入1

ついにKATO 22-101 サウンドボックスを導入してしまいました。ww


発売されているサウンドカードの車種が琴線に触れないのでスルーしていたのですが、キハ58が予定品に挙がったので思わず買ってしまいました。

 
速度に応じた走行音のほかに、左側のボタンを押すと警笛等の音が出せます。サウンドカードは「蒸気機関車」と書かれたものが付属します。「223系2000番台」のカードは追加で購入したものです。

 
本体手前にはMICとLINE OUTの端子があります。本体奥には電源入力,通信ポート,線路出力,JUMP入力の端子があります。通信ポート端子は説明書に説明が記載されていませんが、ファームウェアのアップデートとかに使うのでしょうか。

 
本体奥の電源入力端子とは別に、本体両側面には電源供給用のスナップ端子があります。KATO製パワーパックを使うときは、こちらで電源供給を行うようです。


さて、このサウンドボックスですが、当鉄道のパワーユニットはTOMIX製でそのままでは接続することができません。TOMIX製のパワーユニットにサウンドボックスを接続するには、パワーユニットとサウンドボックス、サウンドボックスとレールを結ぶ2種類のコードを用意しなければいけません。


とりあえず、KATO 24-825 延長コードDC用とTOMIX 5813 延長コード D.C.フィーダーN用を1つずつ用意します。

 
まず、パワーユニットとサウンドボックス間のコードを作ります。
それぞれの延長コードの写真の形状のコネクタについて、図のようにコードを切断して被覆を剥きます。パワーユニットとサウンドボックス間はサウンドボックスに付属するジャンプコードと併せて接続しますので、長さはそれほど長くなくても良いです。また、切断して残ったコードも、あとで利用しますので捨てません。


お互いのコードをはんだ付けでつなぎます。はんだ付け部を熱収縮チューブやビニルテープで保護すると出来上がりです。

 
次に、切断した残りのコードを同じようにつなぎます。


出来上がりはこんな感じです。コード同士をつなげるときは、配線のプラスとマイナスを特に気にしなくてもお好みでつなげればとりあえず動くのですが、今回は各社のコードの白線同士を突き合わせて半田付けしました。


実体配線図はこんな感じです。

 
先の実体配線図のように、サウンドボックスの電源はスナップ端子ではなくACアダプタを使います。ACアダプタの推奨品はKATOのホームページに掲載されていますが、説明書にはDC8~18V(最大 3A)と表記されており、手持ちのDC12V1.5AのACアダプタをつなぎました。ただ、このサウンドボックスはパワーユニットからの出力を読み取って、それに応じてACアダプタの出力を車両用の電源として供給する仕組みのようなので、車両を走行させることができる容量のACアダプタを使う必要があるようです。ちなみに、プラグ形状は外径5.5mm,内径2.1mm,長さ7mm以上,センターピンなし,センタープラスです。


早速、配線を行い走行させてみます。パワーユニットはTOMIX N-1000-CLです。付属の蒸気機関車のサウンドカードと別途購入した223系のサウンドカードを使います。その割には、何故か車両がキハ187系なのはお許し下さい。(^^;
まず、走り出す直前まで線路電圧をサウンドボックスのSTARTつまみで調整します。TOMIXの常点灯と考えは同じようで、車両のヘッドライトが点灯しました。(引き替えにパワーユニットでの常点灯調整はできません。)あとはパワーユニットのつまみを回すと、走行音とともに走り出します。ただ、サウンドカードの種類によってパワーユニットのつまみの回転と車両の振る舞いの関係が違うようで、コントローラー同調タイプと呼ばれる蒸気機関車のカードの場合は、パワーユニットのつまみの回転に応じてすぐに走行速度が変化するので運転しやすいのですが、サウンド同調タイプとよばれる223系のカードの場合は、パワーユニットのつまみの回転に応じた速度を目標にゆっくりと走行速度が変化するため、運転に慣れが必要です。(うまく駅に停まらない・・・。)どちらのカードにせよ、実際の車両の速度に同調して走行音が変化するのは同じです。
ちなみに写真の右上の抵抗制御のパワーユニット(TOMIX 5001)をつなぐと、コントローラー同調タイプのカードではつまみを回すと角度にかかわらず常に全速力で走り、サウンド同調タイプのカードではつまみをまわすと角度にかかわらず最高速度まで加速を行い、つまみを停止位置に戻すと減速して止まります。
使ってみた印象ですが、速度同調サウンドのほかにも様々な効果音(カードによって異なる。)がボタン操作で出力でき、車両の速度調整以外にも気を遣うことが増えますので、運転が面白くなった感じました。(個人の感想です。ww)
最後に、当然なのですが車両や線路のコンディションが良くないと楽しめません。動きがカクカクすると、これに反応して音も変化してしてしまい興醒めです。運転前にはメインテナンスはしっかり行いましょう。
まぁ、これに約2万円をかけるかどうかは人によって意見が割れそうですが、私の場合、サウンド同調タイプのカードの場合の運転のしにくさを割り引いても、全体的には楽しい製品なので投資はありかなと感じています。
(KATO サウンドボックス 導入2に続きます。)
それでは。<(_)>